1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

中国人観光客を熱望するタイ「中国人なくして復活なし!」―中国メディア

Record China / 2021年11月3日 23時40分

写真

2日、環球網は、新型コロナの感染が落ち着いたことで外国からの観光客受け入れを再開したタイが、中国人観光客の来訪を渇望していると報じた。

2021年11月2日、環球網は、新型コロナの感染が落ち着いたことで外国からの観光客受け入れを再開したタイが、中国人観光客の来訪を渇望していると報じた。

記事は、タイが1日から新型コロナ感染が低リスクな63カ国・地域の外国人観光客の受け入れを再開したと紹介。出発前にワクチン接種を完了し、ウイルス検査も陰性で、なおかつ5万ドル(約570万円)以上の新型コロナ保険に加入した観光客にはタイ入国後の一定期間の隔離が免除され、1日には外国人観光客約7000人がタイを訪れたとみられることを伝えた。

そして、「低リスク国・地域」には日本、米国、英国、ドイツ、中国、インドなどが含まれており、日本メディアが「感染予防の規制を緩和するリスクを冒した上で、観光消費を通じて疲弊した経済を再興させようとしている」と評したことを紹介した。

その上で、観光業がタイにとってGDPの5分の1を占める支柱産業であり、新型コロナの感染が拡大する前にはタイを訪れる外国人観光客のうち中国人観光客が27%を占めていたと説明。タイ紙パタヤ・メール電子版の10月31日付報道を引用し、タイの観光協会責任者が「中国政府が国民の自由な海外旅行を許可しない限り、タイの観光業の復活はあり得ない」と語ったことを伝えている。

また、CNNも1日に観光業界関係者の話として「中国人観光客の入国をタイ政府が無制限に認めても、現行の中国の政策では中国帰国後に長時間の隔離を受けることになる」と伝え、短期間のうちにタイの観光業が回復することは難しいと報じたことを紹介した。

さらに、タイ国内では外国人観光客の受け入れ再開に経済回復への期待を寄せる一方で、感染状況の悪化に対する懸念も広がっているとし、タイ保健省が実施した世論調査では92.4%の市民が「外国人観光客受け入れ再開により感染のリバウンドが起こりかねないことに憂慮を覚えている」と回答したことが明らかになったと紹介。タイ国内では現時点でワクチン接種率が全人口のおよそ42%にとどまっていることを併せて伝えた。(翻訳・編集/川尻)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください