1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

かつては松下幸之助氏や稲盛和夫氏を崇拝した中国人、今や「経営の神様」も国産化

Record China / 2021年11月7日 10時10分

写真

中国の書店で今、とにかく売れているのがファーウェイの関連本だ。かつては松下幸之助氏や稲盛和夫氏が「経営の神様」とされたが、今ではファーウェイ創業者の任正非CEO「一辺倒」の状態だ。

■「とにかくファーウェイという企業を知りたい」…中国で熱い視線

中国でも、空港や大きな駅には書店がある。そんな書店で今、とにかく売れているのは華為技術(ファーウェイ)の関連本だ。かつては日本の松下幸之助氏や稲盛和夫氏が「経営の神様」とされたが、今ではファーウェイ創業者である任正非CEO「一辺倒」の状態だ。

中国の老舗出版社の一つである三聯書店で編集者を務める曾誠氏によると、同社は「ファーウェイ本」専属の編集者を配しており、2016年からはほぼ毎年、関連書籍を出版している。どの本も刷り数が数十万冊以上であり、電子メディアが勃興した現在としては素晴らしい売り上げという。

■改革開放が始まって、日本人の「経営の神様」が相次いで出現

中国で改革開放が始まったのは1978年だった。最初に「経営の神様」とされたのは、パナソニックの創業者・松下幸之助氏だった。戦争で壊滅状態になった日本を世界屈指の経済国に押し上げた立役者の一人として、中国の個人経営者などの熱い視線を集めた。

2001年の世界貿易機関(WTO)加盟は中国経済にとって画期的だった。波に乗って巨大化する中国企業も出現した。しかし大企業の管理法については暗中模索だった。そんな中で注目されることになったのは、京セラなどを立ち上げ、日本航空の再建にも成功した稲森和夫氏だった。

メディアは、稲盛氏を紹介する記事を次々に掲載した。稲森氏が説く「利他」の精神に、「会社を飛躍させるために必要な理念だ」と共鳴する中国人経営者も多かった。

稲盛氏の「哲学」を若い経営者に伝えるために発足した「盛和塾」は、2017年ごろには塾生数が1万人以上だったが、3分の1程度に相当する約3600人が中国人だったという。

■「中国国産の経営の神様」になったファーウェイ・任正非氏

一方で、巨大化に成功する中国企業が出現する状況にあっては“国産の経営の神様”の出現も必然だった。注目を集めることになったのは、ファーウェイ創業者である任正非CEO(最高経営責任者)だ。

任氏やファーウェイを読み説く専門家に楊愛国氏がいる。大手中国企業での勤務経験も豊富で、2012年には本格的なファーウェイ研究を始めた。2015年には任氏とファーウェイを研究する「藍血研究」という組織を立ち上げた。

楊愛国氏は、任氏が注目された理由の一つに、「徒手空拳の創業者」だったことが共感されたことがあると指摘した。任氏は軍を除隊して会社に就職したが、だまされて会社に損失を出したことで辞職に追い込まれた。自らの事業を立ち上げたのは1987年で、すでに40代だった。そして、資金が乏しい中で設立した会社を、世界有数の大企業にまで成長させた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください