1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

韓国大統領選の勝敗を決める3大要素―米華字メディア

Record China / 2021年11月10日 6時20分

写真

米国の中国語ニュースサイトの多維新聞は8日、「韓国大統領選の勝敗を決める3大要素」とする記事を掲載した。写真は韓国大統領府。

米国の中国語ニュースサイトの多維新聞は8日、「韓国大統領選の勝敗を決める3大要素」とする記事を掲載した。

記事はまず、保守系野党「国民の力」が5日、2022年3月投開票の韓国大統領選の公認候補として、前の検事総長・尹錫悦(ユン・ソギョル)氏を選出したことで、革新系与党「共に民主党」の候補で前京畿道知事の李在明(イ・ジェミョン)氏との対決構造が固まり、今後選挙戦が本格化することになると伝えた。

その上で、「最終的な勝敗は韓国の将来の道を書き換えることにつながるため、その重要性は言うまでもない」とし、勝敗を決める大きな要素として、「両候補が共に抱えるスキャンダル」「若い有権者の態度」「文在寅(ムン・ジェイン)大統領」の3つを挙げた。

「両候補が共に抱えるスキャンダル」については、李氏には京畿道城南市長時代の不動産開発事業をめぐる不正疑惑、尹氏には検事総長時代に与党政治家の立件を狙って野党議員に告発を促すよう検事に命じた疑惑があることを取り上げた。

「若い有権者の態度」については、キャンドルデモを通じて文氏の旗の下に団結した2017年の大統領選に比べると、今の若年層と両候補者との距離はかなり離れていると指摘。李氏は40代・50代、尹氏は60代以上に固い支持基盤があることから、20代・30代の有権者の票が勝負の鍵を握っているとした。

さらに「両候補者のスキャンダルに決定的証拠がなく、若い有権者がどちらかに圧倒的に傾かない場合、勝負の鍵を握るのは文政権になる可能性がある」と指摘。11月初週の文大統領の支持率は34.2%と低水準で、否定評価が肯定評価を20ポイント以上も上回っていることから、現在の情勢が続けば李氏の足を引っ張ることになるだろうとしている。(翻訳・編集/柳川)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください