1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

香港、深センと一体化した開発で農村部を“都会”に

Record China / 2021年11月15日 10時20分

写真

香港は将来、南部のビクトリア湾一帯と、北部の広東省深セン市に隣接する地域が“香港の顔”となる。林鄭月娥行政長官が任期最後の施政報告で示した「北部都会区発展策略」で、こんな香港の姿が浮かび上がった。

香港は将来、南部のビクトリア湾一帯と、北部の広東省深セン市に隣接する地域が“香港の顔”となる――。香港政府の林鄭月娥行政長官が、任期最後の施政報告(施政方針演説)で示した「北部都会区発展策略(以下、北部計画)」で、こんな香港の姿が浮かび上がった。これまで開発とは無縁だった郊外の農村部を、20年かけて、住宅やイノベーション基地がある大都会に変貌させるというものだ。しかも、中国政府の後押しも得て深センと融合した地域づくりを進めるという。

この計画は、田園地帯が広がる香港新界の北部を「北部都会区(以下、都会区)」と名付けて、住宅建設だけでなく、深センと一体化した経済拠点にもしようというもの(図1参照)。具体的には、香港島4つ分に相当する約300平方キロメートルに及ぶ一帯を開発。最終的に同地区内の世帯数を90万5000戸〜92万6000戸にまで増やして住宅不足を解消するとともに、国際的なイノベーション基地「新田科技城」も建設する。

!<1301671>図1:北部都会区のイメージ図(香港政府の北部都会区発展策略報告書から)

これにより、現在90万人あまりが住んでいながら、わずか11万人程度の雇用しかないこの地域を、最終的に250万人が住み、65万人の雇用(うち15万人はIT系の仕事)を抱える居住・経済拠点にする。

現在の香港の人口は約750万人だから、その約3分の1に相当する市民がこの地域で生活や経済活動をすることになる。開発投資額は明かしていないが、緑に囲まれたのどかな農村地帯は、名前のように“都会”に変貌する。

この計画で注目したいのは、香港政府が「双城三圏」という、新しい概念で“都会”を作ることだ(図2)。

!<1301672>図2:「双城三圏(香港と深センで一体化する3つの戦略的エリア)」(香港政府の北部都会区発展策略報告書から)

「双城」とは、香港と深センを指す。「三圏」とは、都会区と深センが融合して戦略的発展を目指す3地域のことだ。1つは、「前海地区」や「南山区」といった深セン経済の重要拠点が集中する深セン湾周辺の優位性を生かすエリア。もう1つは、従来から人やモノが活発に行き交う一帯で、「新田科技城」を含めて香港と深センの一層の緊密化を進めていくエリア。そして、風光明媚な大自然の環境を守りながらエコツーリズムを推進するエリア――の3地域だ。

「双城三圏」を実現するために、鉄道も5本整備する(図2)。現在、九龍半島の東部を深センの手前まで南北に走る東鉄線は、さらに北上して深セン側に乗り入れるようにする。このほか、都会区と深センの西側を結ぶ「港深西部鉄道」など、中国本土に乗り入れる鉄道3本、都会区内を走る鉄道2本を敷設する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください