1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

米商務省、ファーウェイに巨額の輸出許可、日本のサプライヤー企業は蚊帳の外か?

Record China / 2021年11月17日 11時50分

写真

16日、米中オンライン首脳会談が開催された。対中制裁も話し合われたに違いない。その内容は大いに気になる。それはファーウェイの件があるからだ。写真は深センのファーウェイ本社。

2021年11月16日、米中オンライン首脳会談が開催された。成果より開催すること自体が目的だとする報道が多い。しかし、通商問題には時間をかけたようだ。対中制裁も話し合われたに違いない。その内容は大いに気になる。それはファーウェイの件があるからだ。

米商務省は、2020年11月~2021年4月の間、制裁の象徴、ファーウェイ向け部品に614億ドルの輸出許可を与えていた。莫大な金額だけに、各方面へ衝撃が走り、日本の“蚊帳の外感覚”は強まった。日本企業はどうすればよいのだろうか。

■ファーウェイの上半期業績…B2C事業半減

ファーウェイの2020年の売り上げは8914億元(14兆円)、純利益は646億元、純利益率は7.2%だった。構成比は、B2Cが54.2%、キャリア(基地局関連)が34.0%、法人ITC(B2B)が11.3%。また、売り上げに占める中国比率は65.6%と3分の2を占める。

2021年上半期の売り上げは3204億元、前年同期比29%の減少だった。そのうちB2Cは46.9%減とほぼ半減した。ただし、純利益率は9.8%と、2020年を上回っている。

構成比は、B2Cが42.3%、キャリアが42.7%、B2Bが13.4%と変化し、キャリアがB2Cを上回った。B2Bは18%増と最も伸びた。

子会社ハイシリコンの設計になるKirinチップの生産は、2020年9月に停止した。米国企業、米国製製造装置を使う工場が、受託生産をやめたからである。最先端のチップを手配できない影響は甚大だった。2021年2Qのスマホ売り上げ(世界)は74.6%減、シェアは首位から8位に落ちた。昨年は、国民の声援を背に受け、スマホ売り上げは絶好調だったため、2021年の反動は大きい。にもかかわらず、利益体質は強固なまま維持している。

■ファーウェイのコア・サプライヤー…日本は11社

ファーウェイは2018年10月、優秀サプライヤー92社を表彰した。これらがコア・サプライヤーとされる。日本企業は下記の11社である。

・富士通…ハードディスク

・ヒロセ電機…コネクター

・村田製作所…フィルター、

・ソニー…カメラモジュール

・住友電工…光通信デバイス

・キオクシア…HD、SHHD、SSD、フラッシュメモリー

・古河電工…光ファイバー、ビデオエンコーダー

・NTTエレクトロニクス…光ファイバー、ビデオエンコーダー、電線、ケーブル

・住友大阪セメント…LiNb03調整器

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください