1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

韓国軍ベトナム民間人虐殺訴訟、元兵士が初の証言「田んぼに集めて殺した」=韓国ネットには賛否の声

Record China / 2021年11月18日 10時20分

写真

16日、韓国日報によると、ベトナム戦争に派兵された元韓国軍兵士が、法廷で「韓国軍は当時、現地の民間人を大量虐殺した」と証言した。写真はベトナム・ホーチミンにあるベトナム戦争証跡博物館。

2021年11月16日、韓国メディア・韓国日報によると、ベトナム戦争に派兵された韓国軍海兵隊「青龍部隊」の元隊員であるリュさんが、法廷で「韓国軍は当時、子どもや女性、高齢者など民間人とみられる現地人を大量虐殺した」と証言した。

ソウル中央地裁で同日、ベトナム戦争時に韓国軍に家族を殺されたと主張するベトナム人女性が韓国政府を相手取り起こした損害賠償請求訴訟の第4回口頭弁論が行われた。リュさんは証人として裁判に出席し、上記のように述べたという。ベトナム戦争に派兵された軍人が韓国軍の民間人虐殺事件について法廷で証言するのはこれが初めて。

リュさんは、ベトナムに駐屯していた1968年2月に「一生忘れられないことを目撃した」とし、「(村人が)道路をふさいで血眼になって叫んでいたのでとても驚いた。その横を見ると、むしろの上にたくさんの死体が置かれていたので、何か大変なことが起きたと分かった」と振り返った。死体の数については「100体を超えているように見えたが、後で70体ほどだったと聞いた」と説明した。

その後リュさんは部隊に戻り、虐殺を行った他の小隊員から事の顛末を聞いたといい、「(現地の村を)捜索中に連行された子ども、女性、高齢者を田んぼの隅に集めておいたもので、(捜索)作戦終了後に中隊員に『どうするか』と尋ねたところ、中隊員が親指で首を切るジェスチャーをしたそうだ」と話した。隊員らは民間人を殺した状況を「武勇伝」のように話し、「罪の意識は感じられなかった」という。

また、法廷での証言を決心した理由については「戦争のない世界になってほしいという思い。戦争がどれほど恐ろしいものか、世間に警鐘を鳴らしたい」と説明したという。

これに韓国のネットユーザーからは「当時はそうするしかない状況だった。ベトナム兵士が民間人に扮し、不意打ちで襲ってきたのだから」「戦争はベトナム兵士と民間人を区別しない」など当時の韓国軍を擁護する声が上がっている。

また、「そこに行ったのは韓国軍だけではない。連合軍のみんなが行ったのに、弱そうな韓国だけを責めるなんて」「米国には何も言えないくせに」と指摘する声や、「それが事実なのか確認するべき。ベトナムの人たちが大げさに話しているだけかも」「誰かから聞いた話では証拠にならない」と原告側の証言の信ぴょう性を疑う声も。

一方で「韓国国民として申し訳ない」「これについて謝罪と反省をしなければ、韓国は日本と同じになってしまう」「罪を認めて謝罪するべきでは?この事件の加害者が日本、被害者が韓国だったとしたら、生きた証言として謝罪と賠償を要求するよね?」「民間人にベトナム兵士が紛れていたのだとしても、ろくに確認もせず子どもまで虐殺するのは犯罪だ」など、韓国政府に謝罪を求める声も見られる。

そのほか、「戦争が起きたら誰もが残忍になる。政府の謝罪は道義的にあり得るが、罪悪感を抱く必要はない」との声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください