1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

トルコで性犯罪被害に遭った韓国の女子大生、現地の領事から多額の損害賠償まで請求される

Record China / 2021年11月20日 17時20分

写真

トルコで性犯罪の被害に遭った韓国の女子大生が、現地の韓国領事から10億ウォンの損害賠償まで請求されていた事実が明らかになり、物議を醸している。写真はトルコの国旗。

トルコで性犯罪の被害に遭った韓国の女子大生が、現地の韓国領事から10億ウォン(約9659万円)の損害賠償まで請求されていた事実が明らかになり、物議を醸している。11月19日、韓国メディア・ファイナンシャルニュースが報じた。

記事によると、ソウルの有名国立大学に在学中だった女性は2018年8月、大学関連の用事で欧州を訪問。その後トルコのイスタンブールにある宿泊施設に一晩滞在したが、宿主とその知人に渡された飲み物を飲んだところ、意識を失い性的暴行を受けた。

女性は翌朝意識を取りもどし、現地の警察に通報して帰国。その後、捜査の進捗状況が気になり韓国からイスタンブールの韓国領事館に連絡したが、領事からは「暴行するところを目で見たのか。なぜ覚えていないんだ」となじられ、現地の弁護士情報を依頼するとトルコ語で書かれた名簿が送られた。結局女性は領事館に頼るのを諦め、自身で3000万ウォン(約290万円)を費やして弁護士を選び、再びトルコへ行き捜査の状況を確認したという。

しかしマスコミによる取材でこの件を話したところ、この領事から「虚偽の事実で名誉を毀損した」として刑事告訴と併せ10億ウォンの損害賠償まで請求された。これにより、裁判では女性が性犯罪により深刻なトラウマやうつ病を患った事実が公開され、メディアに個人情報まで暴露されることになった。結局2年後に刑事告訴は不起訴処分となり、10億ウォンの民事訴訟も棄却されたという。

女性は「性犯罪の被害に遭ってから2年近く経ったが、韓国で弁護士を選んだり、捜査機関や裁判所に通ったりすることでさらに心が傷つけられた」とし、「今後私のように苦しむ人が現れないよう、この棄却判決について多くの人に語ろうと思った」と話している。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「性的暴行に遭っただけでもショックなのに、領事に冷たくされて自力で裁判をして、損害賠償まで訴えられて…1人じゃ耐え切れないよ」「この最低な領事に腹が立つ。被害者の方を思うと胸が痛むけれど、心身ともに傷ついた状態で闘い抜くなんて本当にすごい」「こんな対応しか取れないなら何のために領事館があるの?」「税金の無駄遣い。今すぐ呼び戻して実名を公開し、国民の保護を怠った罪を償うべき」「トルコ人の犯人を捕まえて、国家次元でトルコに問題提起すべき」「海外の領事館は本当に問題だらけだ。全体的に調査して」など、怒りの声が相次いでいる。(翻訳・編集/丸山)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください