1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

歴史超大作「燕雲台」、皇后を演じたティファニー・タンの雄姿と美貌にファン歓喜

Record China / 2021年12月3日 20時40分

写真

本格歴史超大作「燕雲台」で実在の皇后に扮したのはトップ女優のティファニー・タンだ。(c)Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

テレビ視聴率と配信ランキング1位を誇る本格歴史超大作「燕雲台-The Legend of Empress-」で「鉄血紅顔(鉄の血を持つような強い美女)」と称された実在の皇后に扮したのは、トップ女優のティファニー・タンだ。中国史上初の征服王朝「遼」の第5代皇帝・景宗(けいそう)の皇后であり、第6代皇帝・聖宗(せいそう)の実母でもある睿智蕭(えいちしょう)皇后=蕭燕燕(しょうえんえん)を熱演し、その雄姿と美貌にファンは歓喜した。

また、「楚喬伝(そきょうでん)~いばらに咲く花~」のショーン・ドウが、燕燕と愛し合う遼の将軍・韓徳譲(かんとくじょう)を好演。そんな韓徳譲と友情で結ばれた主従関係かつ恋のライバル役である耶律賢(やりつけん)=景宗を演じたのは、「如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~」のジン・チャオ。国の未来とヒロインをめぐり苦悩する2人のイケメンにも胸が高鳴る。

そして、燕燕の2人の姉を演じたのがカーメイン・シェーとルー・シャン。王位を争う皇族に嫁いだ三姉妹の愛に翻弄された運命にも注目したい。さらに、遼の栄華が初めて語られた本作は総製作費67億円が投じられ、キャストのみならず迫力の騎馬シーンや戦闘シーンなどスケールも映画並み。精工な刺繍が施された衣装はメインキャストだけで800着以上に上った。衣装や盛大な婚儀をはじめとする風習まで、史実に基づいて忠実に再現し、豪華絢爛な歴史絵巻を作り上げた。

本作のDVD&Blu-rayリリース記念で、蕭燕燕を演じた主演のティファニー・タンがインタビューに答えた。

「王女未央-BIOU-」で共演したルオ・ジンと結婚し、世紀のカップルとして大きな注目を集めた人気女優ティファニー・タン。2020年初めに娘を出産後、変わらぬ美しい姿で戻ってきた彼女の復帰作となったのが「燕雲台」だ。彼女が演じた蕭燕燕は視聴者から絶大な支持を集め、2020騰訊視頻(テンセントビデオ)星光大賞で「視聴者が選ぶドラマ・オブ・ザ・イヤー」「ドラマキャラクター・オブ・ザ・イヤー」などを受賞し、再び時代劇のヒロインとして君臨した。

インタビューでは、役作りやキャラクターの魅力、撮影秘話などを明かし、トップ女優でありながら飾らず気さくに答える素晴らしい人柄も印象的だ。

●本作で演じた蕭燕燕を紹介してください。

私が演じた蕭燕燕は、非常に伝奇的な女性です。今まで演じた役の中で年齢幅が最も広く、少女時代から老年期までほぼ一生を演じました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください