1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. アジア・韓流

人気ドラマの「瓔珞」や「美人心計」でも前科が?“猫殺害”疑惑から常習犯騒ぎに

Record China / 2021年12月2日 22時40分

写真

中国ドラマ「当家主母」で、本当に猫を殺したのではないかと騒ぎになっている中、同じプロデューサーの過去作品にも前科があり、常習犯ではないかとの疑惑が持ち上がっている。

中国ドラマ「当家主母」で、本当に猫を殺したのではないかと騒ぎになっている中、同じプロデューサーの過去作品にも前科があり、常習犯ではないかとの疑惑が持ち上がっている。

先月配信をスタートした「当家主母」は、清朝を舞台にした時代劇の最新ドラマ。この作品には白猫を毒殺するシーンが登場するが、本当に死んでいるのではないかと話題になっているもの。制作側ではここ数日、複数の証拠を示して否定を繰り返しているが、疑惑は完全には払拭されていない。

「当家主母」は中国ドラマを代表するヒットメーカー、ユー・ジョン(于正)氏のプロデュース作品だが、ネットでは現在、ユー氏の過去作品にも同様の問題があったと話題に。2010年の「美人心計~一人の妃と二人の皇帝~」についてこのほど、エキストラで参加したという人物が、「リアルさを追求するために子犬を殺したとスタッフに聞いた」と語っている。

また、2018年に社会現象化するヒット作となった「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」では、オウムが本当に殺されたのではないかと話題になったことも。こういった数々の疑惑から、常習犯ではないかと疑う声や、ユー氏に対して過去作品を含めて説明を求める声が大きくなっている。

なお、過去には2010年のドラマ「三国志 Three Kingdoms」で、ガオ・シーシー(高希希)監督がリアルな映像を実現するため、馬6頭が犠牲になったと発言。ネットには戦闘場面でやけどを負った馬の写真も登場し、作品のボイコットが叫ばれる騒ぎに発展。制作側では後日、犠牲になった馬は1頭のみで、しかも病死だったと発表している。

2019年の映画「瘋狂的外星人」では、撮影中の映像がネットで公開され、犬を虐待死させたと話題に。その後、主演俳優のシェン・トン(沈騰)が釈明を行い、現在は監督の愛犬になっている犬の動画を公開して騒ぎを鎮めている。

このほか、ドラマ「宮廷の諍(いさか)い女」などで知られる女優スン・リー(孫儷)は、2012年の主演ドラマ「小姨多鶴」でロバを殺すと聞いたことで、降板を前提に猛抗議を行い、ロバの命を救ったことを自ら語っている。(Mathilda)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください