1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

福原愛さんの中国語「東北なまり検定」に台湾メディアが噛みつく―中国メディア

Record China / 2021年12月6日 16時20分

写真

4日、観察者網は、元卓球日本代表の福原愛さんが中国メディアによる「東北なまり検定」を受けて見事に「合格」したことを、台湾での反応と共に報じた。

2021年12月4日、中国メディアの観察者網は、元卓球日本代表の福原愛さんが中国メディアによる「東北なまり検定」を受けて見事に「合格」したことを、台湾での反応と共に報じた。

中国メディア・中国新聞網が3日、インタビューの際に福原さんが記者による「東北なまり検定」を受ける動画を公開した。動画には、記者が選んだ中国東北地方でしか通じないであろう方言をフリップで示し、福原さんがその意味を東北なまりの中国語で回答する様子が映っていた。

そして、記者の出す問題に福原さんが「これって共通語だと思っていました」「誰でも分かりますよ」などと言いながら次々と正解し、記者から「東北なまり10級(中国では級数が多くなるほど高レベルとなる)」との判定を下された。

記事は、中国本土のネットユーザーから「語彙(ごい)だけでなく、発音もさらにレベルアップしている。これこそまさに愛ちゃんだ」「東北に戻っておいで。好きな食べ物が待ってるよ」といった温かいコメントが多く寄せられたと紹介している。

一方で、離婚騒動以降、福原さんへの風当たりが強くなっている台湾でこの動画が紹介されると、民進党系のメディアが「中国国営メディアは温情カードを切って若い民族主義者を扇動している」などと伝え、一部ネットユーザーからも福原さんを批判するようなコメントが書き込まれたと伝えた。

記事は、福原さんが10歳から遼寧省で卓球の修行を始め、その後中国のスーパーリーグで活動したことから、中国のチームメイトやコーチ、友人の大部分が「東北人」であると紹介。このような環境で過ごしてきた福原さんがネイティブ顔負けの東北弁を話すのも当然だとした。また、「この東北弁があったからこそ福原さんは一層中国のファンから愛され、離婚騒動で台湾からは非難や攻撃の声が噴出する一方で、中国のネットユーザーたちは次々と福原さんを擁護、支持する発言をしてきた」と伝えている。(翻訳・編集/川尻)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください