1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

非常に珍しい野生パンダのマーキング行動を撮影―四川省

Record China / 2021年12月6日 19時50分

写真

四川省にあるジャイアントパンダ国家公園綿竹エリアでこのほど、赤外線カメラが珍しいパンダの姿を捉えた。

四川省にあるジャイアントパンダ国家公園綿竹エリアでこのほど、赤外線カメラが珍しいパンダの姿を捉えた。大きなお尻とがっしりした体型のパンダが木の幹にマーキングをしている様子は、なんともユーモラスだ。

ジャイアントパンダ国家公園綿竹管理中央ステーションの職員は、今年5月に同公園綿竹エリアに設置した赤外線カメラ40台のデータを回収したところ、今回の珍しいパンダの映像を発見した。これは、動物のマーキング行動の一種で、成年パンダは例外なく、それぞれ縄張りを持っており、生殖腺の分泌物を木の幹にこすりつけることで自分の縄張りであることを主張し、傍を通りかかった他のパンダに警告を発する。このほか、発情期になると、パンダは自分の分泌物によって異性を引きつけ、繁殖の準備をする。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください