1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

葛洲ダムがゲートから放流し出水期の長江中下流の安全を確保―湖北省宜昌市

Record China / 2022年7月4日 0時20分

写真

夏になってからの長江上流における降雨の影響を受け、三峡ダム区では水位が上昇し、148メートル以上となっている。

湖北省宜昌市で6月30日、葛洲ダムが2022年最初の放流を開始し、流出量は毎秒3万1200立方メートルに達した。

夏になってからの長江上流における降雨の影響を受け、三峡ダム区では水位が上昇し、148メートル以上となっている。長江水流状況リアルタイム・モニタリングによると、6月30日午後2時の時点で、三峡ダム流出量は毎秒3万1100立方メートルに達し、葛洲ダムは今年初となる毎秒3万1200立方メートルの放流を開始し、出水期における長江中下流の治水の安全確保を図っている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください