1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

中国製3Dスキャナーとプリンターが世界市場を席巻―中国メディア

Record China / 2023年12月7日 10時30分

写真

近年、中国企業の海外進出が相次いでいる。3Dスキャナーと3Dプリンターも、その良い例だ。

近年、中国企業の海外進出が相次いでいる。3Dスキャナーと3Dプリンターも、その良い例だ。

「欧州のある医師は、片腕を失ったわが子のために、わが社の3Dスキャナーを使って、フィット感が優れた着け心地の良い義肢を製作した」と、知象光電Revopoint社の創業者・CEOの周翔(ジョウ・シアン)氏は語る。2014年設立の中国企業である同社は、微細構造光チップから高精度3Dビジョンアルゴリズムに至るまで、独自の技術体系を確立。同社の開発した3Dスキャナーは販売台数でトップを走り、世界150以上の国や地域にエンドユーザーを持つ。

特筆に値するのは、中国の3Dスキャナーと3Dプリンターが世界市場を席巻していることだ。アマゾンの3Dプリンター・カテゴリーにおける販売業者トップ3はいずれも深センに拠点を置く企業であり、市場シェアの90%近くを中国の販売業者が占めている。

税関の統計では、2023年1-6月、中国のデスクトップ型コンシューマー向け3Dプリンターの輸出台数は146万9000台、金額は22億元(約440億円)近くに達した。中国の3Dスキャナーと3Dプリンターの販売業者は現在、世界市場をより広く開拓しており、中国のスマート製造製品を世界各国・地域のさまざまなタイプのユーザーの生活や仕事に提供している。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください