リコー、「アップするだけ」の写真販売サービス開始…教育現場の負担を軽減

リセマム / 2019年1月24日 9時45分

「リコー こども成長アルバム そだちえ」ご利用の流れ

 リコーは、写真データをWebサイトにアップロードするだけで、その販売が可能となるサービス「リコー 子供成長アルバム そだちえ」をセルバと共同開発し、サービスの提供を開始した。

 「リコー 子供成長アルバム そだちえ」は、“アップするだけ、子どもの育ちがもっと伝わる”をコンセプトに、業務の負担を軽減したい施設・事業者と、写真をデータで手軽に購入したい保護者のニーズに応えるオンライン写真販売サービス。

 スマートフォンの普及やデジタル化が加速する中、近年は写真をデジタルデータで保管・閲覧することが一般的になっている。デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真をアップロードするだけで、写真の展示、代金の回収、配布の作業をシステムが自動で行うため、業務に関わる負担を大幅に軽減し、業務効率向上に貢献するとしている。

 また、保護者は、Webページからいつでもどこでも、直感的な操作で写真のデジタルデータを閲覧し、購入とダウンロードができるという。導入費・利用料ともに無償で提供。リコーは、保護者が購入した写真データの代金の一部を収益として獲得した上で、施設・事業者に売上を還元する。購入時の決済方法はクレジットカード決済とコンビニ決済に対応。

 保育園、幼稚園、小学校・中学校・高校やスイミングスクール・ダンススクールなどの習い事事業者も利用可能で、全国354か所の営業拠点でバックアップする。また、希望に応じて、収益の一部を子ども支援を行う団体へ寄付しすることで社会貢献を手伝うとしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング