ふれあいや体験展示「むしむしわ~るど2019」さいたま市5-7月

リセマム / 2019年5月20日 15時15分

さいたま市青少年宇宙科学館

 さいたま市青少年宇宙科学館は2019年5月25日から7月15日の期間、昆虫とふれあえる企画展「むしむしわ~るど2019」を開催する。生きているカブトムシとのふれあいや、さまざまな体験展示を実施。入場無料で、小さな子どもから楽しむことができる。

 「むしむしわ~るど2019」は、さいたま市青少年宇宙科学館の特別展示室で行われる子どもたちに人気の昆虫企画展。会期中の土曜・日曜・祝日には、生きたカブトムシに直接触ることができる「昆虫ふれあいルーム」を開催する。

 そのほか、昆虫になりきって探検できる「シロアリの巣巨大バルーン」や、「シロアリ模型とシロアリ塚模型」「バッタの構造模型」「わくわく!ドキドキ!昆虫食」「昆虫の鳴き声装置」など、体験型の展示を行う。

 また、関連事業として、カブトムシについての講演会や、クワガタムシについての講演会・標本作り、チョウの標本作りなどを行う「昆虫博士教室」も実施予定。詳細はさいたま市青少年宇宙科学館のWebサイトで確認してほしい。さいたま市青少年宇宙科学館の入館および企画展の入場ともに無料。小さな子どもから大人まで楽しむことができる。

◆むしむしわ~るど2019
期間:2019年5月25日(土)~7月15日(月・祝)
時間:9:00~17:00
会場:さいたま市青少年宇宙科学館(さいたま市浦和区駒場2-3-45)
入場:無料(さいたま市青少年宇宙科学館の入館も無料)
対象:小さな子どもから大人まで

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング