マウスプロ、文教向けOS搭載10.1型タブレットPC…3万円台で発売

リセマム / 2019年7月25日 10時45分

MT-WN1004-Pro-EDU

 マウスコンピューターは2019年7月25日、文教向けOS「Windows 10 Pro Education」を搭載した10.1型タブレットパソコン「MT-WN1004-Pro-EDU」を発売した。価格は3万6,800円(税別・送料込)。

 「MT-WN1004-Pro-EDU」は、法人向けパソコンブランド「MousePro(マウスプロ)」から誕生した商品。マルチタッチ対応の10.1型グレア液晶を搭載したタブレットに、マグネット着脱式キーボードを付属した2in1タイプのタブレットパソコンだ。

 ノートスタイルとタブレットスタイルを簡単に切り替えることが可能で、タブレットスタイルで約640g、キーボードカバーを含めても約978gと、持ち運びやすい重量となっている。CPUはインテルCeleron N4000プロセッサーを採用し、4GBメモリ、ストレージに64GB eMMCを搭載している。

 価格は3万6,800円(税別・送料込)。マウスコンピューターWEBサイト、法人営業窓口にて購入できる。

 また、文教向けOS「Windows 10 Pro Education」を搭載したパソコン・タブレットは、教育機関向けのWindowsライセンス割引プログラム「Shape the Future」を通じて、特別価格で購入できる。プログラムの参加資格を満たした、文部科学省が認める初等中等教育機関「K-12」が対象。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング