【大学受験2020】大阪医大、6年間学費の半額956万円減免

リセマム / 2019年8月20日 19時15分

大阪医科大学「学費減免制度」

 大阪医科大学は2020年度入学試験から、医学部「建学の精神」入試(専願制)の入学者に対し、6年間の実習料・施設拡充費・教育充実費の半額にあたる956万5,000円を減免する。卒業後の進路などに特定の条件は設けない。

 医学部「建学の精神」入試(専願制)は、推薦入試とAO入試を掛け合わせた複合型選抜入試。2018年度より実施している。大阪医科大学の建学の精神に基づき、学力だけでなく、高校までに取り組んだ活動、医学に対する姿勢や熱意、コミュニケーション力、同大学で医学を学びたいという強い意欲を持つ学生を選抜する。

 今回新たに導入する学費減免制度は、経済的負担を軽減することにより、将来にわたって教育や研究、医療を推進する優秀な人材を獲得するのが目的。6年間の実習料(207万円)・施設拡充費(756万円)・教育充実費(950万円)の半額にあたる956万5,000円を減免する。なお、指定する医療機関での従事といった卒業後の進路などに特定の条件はない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング