1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際

世界でもっとも高い写真が呆れるほど殺伐としている件

ロケットニュース24 / 2011年11月14日 7時0分

芸術の金銭的な価値とは、ときに素人の理解を超えているものである。少なくとも記者(私)には、もっとも高い写真の価値がわからないのだ。殺風景な川を撮影した写真が、430万ドル(約3億3235万円)だなんて、どうしても信じられないのだ……。

この写真はドイツ出身のカメラマン、アンドレアス・グルスキーさんが撮影したものだ。彼は、現在56歳の彼は1980年代後半からカメラマンとしての活動を行っている。デュッセルドルフ美術アカデミーの写真科出身で、近年注目を集めている。

その彼の「ライン川 II」という作品が、このほどクリスティーズのオークションで430万ドルの高値で落札されたのだ。これまでもっとも高い値の付いた写真は、シンディ・シャーマンさんの作品で389万ドル(約3億円)だったのだが、その記録を軽々と抜いてしまったのである。

実は海外のインターネットユーザーの間でも、アンドレアスさんの作品は話題になっており、多くのユーザーが「なぜ、こんなに高値に?」と首をひねっているようだ。あなたは理解できるだろうか、どうしてこんなに高値がついたのか。できることなら教えて頂きたい……。

参照元:the Atlantic wire(英語)

■関連記事

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング