元新聞配達バイト「早朝ミスタードーナツが廃棄したドーナツを食べるのが楽しみだった」

ロケットニュース24 / 2012年1月3日 22時0分

元新聞配達バイト「早朝ミスタードーナツが廃棄したドーナツを食べるのが楽しみだった」

いまから20年以上前、中学生時代に新聞配達をしていたXさんは、そのときの思い出として「早朝、ミスタードーナツが廃棄したドーナツを食べるのが楽しみだった」と語る。東北の地方都市で生まれ育ったXさんは、中学生時代に新聞配達のアルバイトをしてお小遣いを自分で稼いでいたという。

そんなXさんの楽しみは、『ミスタードーナツ』が廃棄したドーナツを持ちかえること。Xさんが住む町の『ミスタードーナツ』は、前日の夜に売れ残ったドーナツを裏口のゴミ捨て場に廃棄しており、それを持ち帰って朝からドーナツを食べるのが楽しみだったのだとか。

新聞配達が終わるとミスタードーナツのゴミ捨て場に行き、ドーナツを拾っていたらしい。Xさんは「ドーナツは、普通の汚いゴミとは違うゴミ袋に入れられていたんですよ。だからまったく汚くないドーナツを手に入れることができたのです」と、当時を振り返って楽しそうに話していた。親が朝食を作ってくれなかったので、妹と二人で食べていたという。

しかし、それは20年以上前の話。現在のミスタードーナツはゴミ箱にドーナツを廃棄してないかもしれないし、場合によっては持ち帰ると怒られるかもしれない。そもそもお腹を壊す可能性があるのでやめてほしい。皆さんは真似しないようにしよう。

ちなみにXさんは「冬は安心なんですが、夏は腐っているかもしれないのでちょっと躊躇しましたよ。でも美味しく食べましたけどね」とも語っていた。
 
写真: RocketNews24.

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング