悲劇というにはあまりにも悲しすぎる / 亡くなった花嫁と結婚式を挙げた男

ロケットニュース24 / 2012年1月21日 8時0分

悲劇というにはあまりにも悲しすぎる / 亡くなった花嫁と結婚式を挙げた男

命あればこそ人は恋をし、命あればこそ人は愛し合う。互いに生きているからこそ、あたたかい家庭を築く誓いが立てられるのだ。最愛の相手が、もしもある日突然この世を去ったなら。しかもそれが、結婚式を迎える数日前だったら、あなたは亡くなった相手のために、どんな選択をするのだろうか。

これは結婚式目前で不遇にあったタイのカップルの物語である。10年連れ添った彼女が交通事故に巻き込まれてしまい、助かるはずの命であったにも関わらず、残念なことにあの世へと旅立つことになってしまった。彼氏はその彼女と、2012年1月4日に結婚式を執り行ったのだ。

仲睦まじいカップルだったチャディル・デフィーさん(28歳)と、彼女のサリーニャ・カムソックさん(29歳)。2人は2011年の終わりに、結婚式を挙げる予定であった。10年という長い歳月、2人の愛を育んできた。これまでにも何度か式を挙げるタイミングはあったのだが、チャディルさんが勉学に専念できるようにと、その予定をずっと先送りにしてきた。

ようやく将来についての計画が明確なものとなり、2人の生活の見通しがつき、家族として暮らしていくことを決意したのである。悲劇が襲ったのはその矢先だった。

式を迎えるほんの数日前に、サリーニャさんは交通事故に巻き込まれて重体となった。すぐに緊急手術が受けられれば、一命を取り留めることもできたのだが、治療に当たった病院では対応し切れず、他の病院へと移ることとなったのだ。しかしその段取りもままならず、6時間にわたって集中治療室で待たされた後に、彼女は帰らぬ人となった。

2人で新しい人生の門出を向かえるはずだった。10年という月日を重ねて、さらなる幸せな人生を歩むはずだった。だが、結婚式の日を2人で迎えられなかったのだ。

突然の出来事に憔悴したチャディルさんだったが、彼女との誓いを守るために、年が明けると亡くなった彼女との式を挙げたのである。2人の悲劇はタイ国中で報道され、多くの人がサリーニャさんの死を悼んだという。サリーニャさんの冥福を祈るとともに、2人の愛が永遠のものであることを願うばかりだ。

参照元:ODDITY CENTRAL(英語)

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング