ロッテとラーメン店がタッグを組んだチョコレートラーメンを食べてみた!

ロケットニュース24 / 2012年2月1日 12時0分

ロッテとラーメン店がタッグを組んだチョコレートラーメンを食べてみた!

2009年よりお菓子メーカーの「ロッテ」と人気ラーメン店の「麺屋武蔵」がコラボレーションをしているのをご存知だろうか。毎年この時期になると、チョコレートを使ったラーメンを、期間限定で提供している。そのコラボ企画も今年で4年目、今回は昨年までの具材を大幅に変更したとのこと。早速食べてみることにした!

昨年の「味噌ガーナ2011」は、ガーナミルクチョコレートで炒めた合挽き肉を麺のうえにあしらい、その上からガーナホワイトを使った滑らかなマッシュポテトを盛っていた。全体的に「まろやか」という印象を強かったのだが、今年はどのような味に変身したのだろうか?

発売翌日の2012年1月31日、東京・上野の店舗「麺屋武蔵 武骨」に足を運んでみると昼過ぎの時間ながら満席。幸いすぐに席が開き、2012年版となる「味噌ガーナ2012」をオーダーした。

元気の良いスタッフが掛け声を上げながら、手際よくオーダーをさばいていく。席に着いて約10分の後に、待望の味噌ガーナと対面したのである。まず第一印象なのだが、麺の上にケーキが乗っているではないか!? 実はこれ、豚と鴨の合挽きで作ったパテである。ケーキをイメージして作られたそうなのだが、本物そっくりに出来ている。

そしてそのパテの上から、滴るようなチョコレートソースが。一見して「これがラーメン!?」と驚かされる。まるでスイーツのようにさえ見えるのだ。実際に食べてみると、芳しいカカオの香りとほのかな甘さが口に広がり、ストレートなチョコ感を堪能できる。しかし甘すぎるということはなく、ピリ辛な味噌スープがチョコと調和しているのである。

さらにパテの下には、出汁で炊いた大根が隠されている。大根のなかには柚子の千切りが閉じ込められていて、香味で爽やかさを演出。

すべてにおいてバランスの良い逸品に仕上がっている。しかしながら、麺と具を食べ終えた後のスープは、「チョコの甘さ」と「味噌の辛さ」だけが取り残されたような状態となり、すべての飲み干すのは気が引ける感じとなった。

それ以外は素晴らしい出来栄えと言って良いだろう。大胆かつ柔軟な発想に驚かされるばかりだ。ちなみに価格は900円、14時から限定20食で、2月15日までの提供となっている。興味のある方は1度トライしてみると良いのではないだろうか。

写真:Rocketnews24


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング