定期試験が楽しみになる!? 結果発表をスクラッチカード式にした大学

ロケットニュース24 / 2012年2月6日 8時0分

定期試験が楽しみになる!? 結果発表をスクラッチカード式にした大学

定期試験、特に期末試験は気が重い。試験期間が終わったからと言ってまだ解放されることはない。試験に受かれば天国、落としたら休み返上の補習が待っている。「まぁ落ちることはないだろう」と思っていてもやはり緊張は残るものである。

海外ではそんな学生の心理的負担を減らそうという試みが始まっている。試験結果の発表をスクラッチカード式に、プレッシャーではなくワクワク感を楽しんでもらおうというのだ。

試験結果発表をスクラッチカード式にしたのは、中国吉林省にある吉林大学だ。

利用の仕方は非常に簡単。まず、同大学の成績管理サイトにログイン。「成績照会」をダブルクリックすると黒い四角形が出てくるそうだ。コインでスクラッチカードを削るように、黒い部分をマウスでゴシゴシなぞると点数が現れるのである。

たったこれだけだ。たったこれだけなのだが、この一工夫が学生に受けているのである。
 
利用した学生は

「スクラッチくじをやるときみたいにワクワクする」
「今学期から始まったんだけど、新鮮ですごくいいよ」
「アイディアがいいね」
「思いやりがある」
「クラスメイトもみんな面白いって言ってる」

と喜んでいる。
 
スクラッチ式成績照会を考案したのは同校のコンピュータ科学と技術学部副教授・郭東偉氏だ。以前学生との何気ない会話のなかからスクラッチ方式のひらめきを得そうだ。大学側と協議しついに実現させたのだが、こんなに好評を得るとは思わなかったとのことである。

また郭副教授は「このシステムは学生は学校にいなくても家で結果を調べることができます。(スクラッチは)楽しい雰囲気ですから、たとえ不合格でもきっと笑っていられますよ」と語っている。

試験を落として笑えるとは……ちょっと理解に苦しむが、当事者にとっては楽しいらしい。現役学生のみなさんはどう思われるだろうか?

参照元:新浪新聞(中国語)

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング