さっぽろ雪まつりで初音ミクの雪像が崩れ女性がケガ!? 来場者により無残な倒壊後の写真も投稿される

ロケットニュース24 / 2012年2月7日 18時0分

さっぽろ雪まつりで初音ミクの雪像が崩れ女性がケガ!? 来場者により無残な倒壊後の写真も投稿される

今年も大勢の人たちが集まり、冬の北海道の芸術をぞんぶんに楽しんでいる『さっぽろ雪まつり』。インドの世界遺産である『タージ・マハール』や龍などの美しい彫刻だけでなく、人気アニメのキャラクターの雪像まで作られており、子供から大人まで楽しむことができる冬の祭典だ。

だが、残念なニュースが入ってきた。NHKの報道によると、さっぽろ雪祭りの会場でいきなり雪像が倒れて雪の塊が女性の腰に当たりケガ。なんとその雪像がいまや世界的なボーカロイドのキャラクター『初音ミク』なのでは!?ということでネット上が騒然としている。

さっぽろ雪まつりの会場に足を運んだインターネットユーザーが投稿した写真を見ると、確かに台の上には無残にもバラバラになった初音ミクの雪像が写されていた。

まさに「これはヒドイ」の一言の写真だが、これを見た他のネットユーザーも「最悪のタイミングで気温上がったな」や「ひでえw」、「見たかったのに…」など残念がるコメントを残しているようだ。

しかしながら今週末の2月12日まで開催している『さっぽろ雪まつり』、初音ミクの雪像を楽しみにしていた人には残念なニュースである。

参考リンク:Twitpic @noriB4

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング