ふらんす亭の社長がTwitterユーザーにブチギレ「うるせーよ じゃあガスト行けよ」「二度とくんな」

ロケットニュース24 / 2012年2月10日 9時45分

ふらんす亭の社長がTwitterユーザーにブチギレ「うるせーよ じゃあガスト行けよ」「二度とくんな」

レストランの『ふらんす亭』や『ステーキハンバーグ&サラダバー けん』を運営する株式会社エムグラントフードサービス。その代表取締役社長・井戸実氏が、インターネットコミュニケーションサービスTwitter(ツイッター)で過激な発言をしている。

一般人のTwitterユーザーが『ステーキハンバーグ&サラダバー けん』に対して感想や意見を書き込みしたところ、井戸社長が反応。「二度とくんな」「うるせーよ。じゃあガスト行けよ」などの過激な発言をしているのだ。以下は、Twitterユーザーと井戸社長による一連のやり取り。

・Twitterユーザーと井戸社長によるやり取り
Twitterユーザー  今日初めてステーキけん って店に行きました。総合的ひどいですね。あれではステーキガストに負けますよ。ライスもいまいち、カレーもイマイチ。カレーの無料を売りにしてるところあるならもう少しマシなもの用意して欲しい

Twitterユーザー  さらに値段もそれなりにする割に肉が筋ばかり、硬い。さらにミディアム・レアと聞いてくる割にはミディアムもレアもごちゃ混ぜ。ごちゃまぜなら良いが表面だけ焼き目がついてて中が真っ赤。もう少し研修費を増やした方が良いと思いました

井戸実社長   うぜーからステーキけんに行けばいいじゃん。二度とくんな

Twitterユーザー  正直私の地域にある”けん”にはお客さんあまり入っていません。ステーキガストもるステーキ宮も近くにある。値段で勝負もできない、中身でも勝負に負けている。”けん”は他店との差別化はどんなものがあるのでしょうか

井戸実社長  うるせーよ。じゃあガスト行けよ
(引用ここまで)

この発言に対してTwitterユーザーは、「なるほどな。客は神様ではないが客を客とも思わない経営哲学の人だもの納得」とコメントしている。確かに、井戸社長の発言は過激であり、世間一般の視点からすれば問題視される内容かもしれない。

礼儀が重要視される日本において、井戸社長のような豪快な人は目立つ存在となる。しかし商売は成功しているわけで、非常識な性格に思えても「その性格だからこそ成功してきた」といえるかも!? 皆さんは、井戸社長にどのようなイメージを持っているだろうか?

【続報】
『ステーキけん』の社長が「うるせーよ。じゃあガスト行けよ」とオススメするので『ステーキガスト』に行ってみた

参照元: Twitter / idominoru.


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング