仙台・川内萩ホールで東芝が震災復興チャリティーコンサート開催 / 東北の人々を音楽で感動させる

ロケットニュース24 / 2012年2月14日 8時0分

仙台・川内萩ホールで東芝が震災復興チャリティーコンサート開催 / 東北の人々を音楽で感動させる

2月11日、宮城県仙台市・川内萩ホールで、宮城県を主とした東北の方や、宮城県沿岸部の高校の吹奏楽部を招致して震災復興支援を目的としたチャリティーコンサート「震災復興支援 東芝チャリティーコンサート ~人と、地球の、明日のために~」が開催された。

出演者にはヴァイオリニストの神尾真由子さんやヴィオラ奏者の亀井綾乃さん、南西ドイツ放送交響楽団バーデン=バーデン&フライブルク スペシャルアンサンブルなどの名だたる音楽家たちが集まり、招待客へ素晴らしい音楽が届けられたようだ。

また、会場ではコンサートの他にも募金活動が行われ招待客からの募金も集まったようだ。このコンサートによって東北の方々の復興と癒しの強い助けになったことが強く実感できたひとときであった。

ちなみに東芝は東日本大震災直後にも懐中電灯やラジオ、電池、工場で備蓄していた飲料水、食料、毛布、トイレットペーパーなどの生活用品を被災地へ届けたり、岩手県・宮城県・福島県の被災した自治体の役場にパソコンを寄贈、仮設庁舎・福祉施設などに太陽光発電システムを設置した。また、福島県内の小中学校に大型エアコンや扇風機、福島市内の小中学校に空気清浄機を設置しており、被災地の復興についても尽力している。

宮城県気仙沼市などの最も被害が大きかった地域では、現在も震災の爪あとが残されており、完全に元に戻るにはまだまだ時間がかかりそうだ。企業のこういった社会貢献活動により、被災地の復興がいち早く行われることを切に願う。

写真:ロケットニュース24

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング