【衝撃】この10年で空が約40メートル低くなっていたことが判明

ロケットニュース24 / 2012年2月25日 18時0分

【衝撃】この10年で空が約40メートル低くなっていたことが判明

皆さん、落ち着いて聞いて頂きたい。今から空に関する重大な事実をお伝えします。その事実とは、なんと空が低くなっているんですッ! ニュージーランドの研究者が雲の高さを調査した結果、この10年で30~40メートルも下がってきているそうですッ!! そのうち雲が地面に落ちてくるのかも~ッ!!

というのは冗談ですが、オークランド大学の研究チームが調べたところ、実際に低くなっているそうです。今まで雲の高さを正確に把握することは、困難と言われていました。これがNASAの地球観測衛星「Terra」を利用することにより可能になったのです。

調査は「マルチアングル・イメージング・スペクトロラジオメーター」という専用の機器を使い、地上と衛星で雲の高さを割り出します。このほど2000~2010年のデータを分析した結果が公表されたのですが、それによると雲の平均的な高さは30~40メートルも下降していることが判明しました

調査にあたったロジャー・デーヴィス氏はこのことについて、「調査期間が短いため、より長期的な分析が必要」としながらも、雲の下降原因について、次のように説明しています。雲の高さが低くなると地表の温度は低下します。したがって、温暖化を抑制するために、雲が下降しているのではないかと見ているようです。

しかしあくまでも仮説であり、今後さらに10年間調査を続けた結果、結論を出す見通しです。それにしても雲が下がってきているとは、まったく気付きませんでした。とはいえ、40メートルと言っても割合にすると1パーセントなのだとか。まあ、突然地表に落ちてくるということはないでしょうね。それにしても雲の下降は、地球温暖化の自浄作用といっても良いのかもしれません。

写真:Rocketnews24
参照元:Science Daily(英語)

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング