何度も何度も過去を繰り返す / 24時間ごとに記憶を失う女性の悲劇

ロケットニュース24 / 2012年2月26日 18時0分

何度も何度も過去を繰り返す / 24時間ごとに記憶を失う女性の悲劇

想像してみて頂きたい、あなたがもしたった24時間ごとに記憶を失うとしたら、どんな日常が待ち構えているだろうか? 昨日やったことは一切覚えていない、当然一昨日から先のことも覚えていない。今日やっていることのすべてを明日には忘れてしまう。

目が覚めると、多くのことを覚えていないのだ。そんな「恐怖」と呼ぶに相応しい病気と闘っている女性がいる。その彼女、ジェス・レイドンさんは19歳という若さでこの病気をわずらい、毎日毎日苦悶する日々を送っているのだ。

彼女がこの奇妙な病気をわずらっているとわかったのは、最近のこと。それまでは記憶に関して何ら問題はなく、昨年は女優を目指してミュージカルの台本全部を記憶していたほどだ。それがこの2週間のうちに、日常生活に支障をきたすようになり、診断の結果進行性の「スザック症候群」にかかっていたことが判明したのである。

この病気は非常に厄介で、彼女は24時間経つと記憶がリセットされてしまうために、思うように生活することができない。たとえば誕生日をお祝いしても翌日には忘れてしまい、時間だけが過ぎて覚えのない記念写真が残されている。また、恋人と別れてしまったはずなのに、目覚めるたびに別れたことを忘れている。毎朝彼と別れたことを家族から聞かされ、そのたびに失恋の念にさいなまれるのだ。

辛いのはこれだけではない。突然卒倒する危険があるため一人で外出することはできず、錯乱と規則的に妄想に襲われることさえある。また将来も明るいものではなく、視覚・聴覚・身体のバランスを失うことも懸念されている。

残念なことにこの症状は世界でも大変稀で、症例が少なく具体的な治療法が解明されていない難病だ。彼女は、病気の進行を恐れる毎日を送っている。できるだけ早く治療法が解明されて、少しでも快方に向かってくれることを願うばかりだ。もしもあなたが24時間で記憶を失うとしたら、何を思うのだろうか……。

参照元:ODDITY CENTRAL(英語)

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング