街コン(合コン)の盲点 / 相手に嫌な思いをさせる可能性がある → そして自分も傷つく

ロケットニュース24 / 2012年3月2日 21時0分

街コン(合コン)の盲点 / 相手に嫌な思いをさせる可能性がある → そして自分も傷つく

「街コン」とは、地域単位でおこなう合同コンパ(合コン)イベントのことであり、東京や大阪はもちろんのこと、日本全国で開催されている出会いの場だ。むしろ都会よりも、地方のほうが街コン活動が活発といわれている。

街コンのルールは地域によって違うが、基本的に「あらかじめ用意された地域内の飲食店を移動できる」「飲食店に入ると空いている男女2対2の4人テーブル(異性が座っている席)に座る」というルールは同じようである(もちろん例外もある)。

飲食店に入ると、席を(異性を)選ぶ暇もなく空いている席に座ることになる。スタッフが誘導して座らせることもあるし、空いている席に自分から座ることもある。ここで問題なのは「ほぼ選択権がない状態で席に座り、座ったら数十分座っていないといけない状況になる」という点だ。

街コンに参加したことがない人は「座って相手が気に入らなかったらすぐに別の席とか居酒屋に移動すればいい」と思うかもしれないが、あなたにはそれができるだろうか? 異性を目の前にして「気に入らなかったからすぐに立ち去る」という行為は、よほど度胸がないとできない行為である。
 
・街コンの着席ルールの負のスパイラル
居酒屋に入る

席を選ぶ暇もなく空いている席に座る(すでに異性は座っている)

異性が自分を気に入らないことが空気でわかる

相手「好みじゃない異性がきたのですぐにどこかに行ってほしいと思う」
自分「立ち去りたいけどすぐに立ち去るのは相手に失礼だと思ってしまう」

異性も自分も数十分の時間ロス

相手に嫌な思いをさせたうえに嫌だと思われたことによって自分も傷つく

これを数回繰り返す
 
この「負のスパイラル」を解決するにはどうすればいいのか? 2対2の4人テーブルではなく、立食にしたり大テーブルでワイワイするような展開にしたほうが良いのではないだろうか? そうすることによって、目の前にいる異性だけでなく周囲にいる異性ともコミュニケーションがとれるし「嫌な思い」をしなくて済む。

けっこう、街コンに行って嫌な思いをした人がいると思われる。あなたがそうかもしれないし、あなたの知人がそうかもしれない。必然的に嫌な思いをする人が出てしまう街コンはもっとシステムの改善をする必要があり、運営をしている人たちはそのあたりを徹底的に練るべきである。ただ単に人と場所を用意するだけなら、正直なところ誰でもできるのである。

Image Photo: RocketNews24

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング