なつかしい「水に入れてジュースを作る粉末」を飲んでみた

ロケットニュース24 / 2012年3月3日 15時0分

駄菓子屋で売られている定番商品といえば、「水に入れてジュースを作る粉末」である。10~20代の人たちはあまり知らないかもしれないが、30~50代の人たちならば、その存在を知っている人が多いはずだ。

いまから20~30年前、その粉末は10円で販売されていた。今は20円とのこと。食品のジャンルは「粉末清涼飲料」というらしい。現在も生産されているので、駄菓子屋や一部の商店では手に入る。今回は、実際にイチゴ味の粉末でジュースを作ってみたゾ♪

コップを用意して、そこに粉末を入れる。冷たいジュースが飲みたいときは、あらかじめ氷を入れておこう。そこにコップの半分ほどまで水を入れ、よくかき混ぜる。ある程度、粉が溶けたらさらに水を足してかき混ぜる。そして完成である。

実際に飲んでみたが、まさにイチゴ味! まさにイチゴ水! それ以上でも以下でもないッ! お好みでアイスクリームを入れれば、ちょっとしたイチゴフロートのできあがり。たった20円程度でジュースが1杯作れちゃうのだから、経済的にも嬉しい商品といえるだろう。あなたは、この粉末でジュースを作ったことがあるだろうか?
 
Photo: RocketNews24.


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング