クソゲーすぎてディスクを割る人まで出現した『FF14』のDL版を7800円で販売 / ネットの声「500円が妥当」

ロケットニュース24 / 2012年3月12日 18時0分

クソゲーすぎてディスクを割る人まで出現した『FF14』のDL版を7800円で販売 / ネットの声「500円が妥当」

あまりにも内容がお粗末(つまりクソゲー)だったため、ゲームディスクを叩き割る人まで出現したオンラインゲーム『ファイナルファンタジー14』(以下、FF14)。お店やインターネットショップでは、500~3000円程度で売っているところがあるのも事実だ。

そんな『FF14』のダウンロード版が、スクウェア・エニックスから公式に発売となった。ダウンロード版のメリットは、わざわざお店に行かなくても「ゲームで遊びたい」と思ったときにすぐ遊べる点だろう。しかし、ダウンロード版の価格が7800円もすることからインターネット上で物議をかもしているのだ。

つまり定価販売ということらしい。しかし、ダウンロード版だけの限定アイテムとしてサングラスが用意されており、どうしてもサングラスが欲しいという人はダウンロード版を購入する価値があるといえる。

この価格に対してゲームファンたちは戸惑いを隠せないようで、「500円が妥当だろ」「ワンコインで買えた時代もあったなぁ」、「このサングラスで7000円くらいだな」、「客を増やす気あんのかこの価格は」などのコメントが寄せられている。皆さんは、パッケージ版を買う? それともダウンロード版を買う?
 
参照元: スクウェア・エニックス

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング