恥ずかしくて直視できないカタチをしているニンジンが激写される

ロケットニュース24 / 2012年3月14日 6時0分

恥ずかしくて直視できないカタチをしているニンジンが激写される

カロチン豊富な栄養満点の野菜といえばニンジンだ。1本でもニンジンであり、2足でもサンダル、3曹でもヨットである。

また、4粒でもゴマシオであり、5台でもロケット、6羽でも七面鳥であるが、北京ダックで有名な中国において、なんとも奇妙なカタチをしたニンジンが激写されたとして大きな話題になっている。

問題の画像を確認すると……なるほど、これはたしかに恥ずかしくて直視できないカタチをしている。なぜだか見ていると赤面してしまったりもするが、これはまぎれもなくニンジンである。

なお、「6羽でも七面鳥」のあとは、7匹でも蜂(はち)、8頭でもクジラ、9杯でもジュース、10個でもイチゴ……と続く。なぎら健壱さんの歌う『いっぽんでもニンジン』は名曲中の名曲である。

(文=GO
参照元:tt.mop(中国語)


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング