関西人「標準語を生で聞くとテレビの中の言葉みたいに感じる」「でも山梨・長野等が使う~ズラは可愛いしナマコが言いそう」

ロケットニュース24 / 2012年3月14日 8時0分

前回、『関西人は関西以外の人間が必死になってエセ関西弁を話しているとかわいそうやなと思っている』という記事を掲載した。関西人の多くが、関西以外の人間が使う関西弁や近畿方言に違和を感じているという記事である。

では、関西人が標準語や東京弁を聞いたときに、どのような印象を受けているのだろうか? この件に関して、奈良県と京都府と大阪府に住んだことがある生粋の関西人・W氏に話を聞いてみた。
 
「そうですねえ、標準語を話している人がいると、テレビの中で話されているみたいな感じになりますね。現実感がないというか、ほんまにいるんや~みたいな(笑)」(W氏 談)
 
なるほど。ということは、関西人が東京に行くと周囲の人たちがみんな標準語を話しているので、孤独感を感じるのでは? それについては「関西弁は市民権を得ていますから、東京で関西弁を話しても通じちゃうんですよね。だから孤独には感じないです」と語っていた。うーむ、関西人は強い!

W氏は「山梨とか長野でしたっけ? なんとかズラって言ってる地方の人。関西人からするとアレは可愛いって感じますね。ナマコが言いそう」とも話していた。ということは、関西に行ったら「~ズラ」って言えばモテるかも!?

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング