テンピュールの新しいベッドが凄すぎて笑った / 芸能人が「無重力」絶賛するだけのことはある

ロケットニュース24 / 2012年3月19日 19時0分

皆さんは、お笑い芸人『くりぃむしちゅー』の有田哲平さんが「すごいベッド!」として絶賛している、テンピュールの『Zero-G』シリーズベッドをご存じだろうか? このベッドはテンピュールを代表するリクライニングベッドで、電動でマットレス部分を稼働させることが可能なのだ。

リクライニングベッドは星の数ほどあるが、この『Zero-G』シリーズのスゴイところは「まるで無重力空間にいるかのような感覚になる」という点。単にマット部分を動かすだけではなく、寝ている人が好きな姿勢になるよう調整できるのである! そんな『Zero-G』シリーズに新たな仲間が増えたという。でもお高いんでしょう?

今までの『Zero-G』シリーズは、超快適なマットレスとリクライニングベッドの最上級セットで40万円前後した。しかし今回新たに発売される『Zero-G 100』(テンピュール ゼロジー 100)は、日本の家庭にもピッタリと合うデザインやサイズとなっており、さらに低価格(40万円と比べればネ)。デザインをスタイリッシュにして、機能を最小限に減らすことで低価格化できたらしい。

お菓子の『うまい棒』と違うんだから安くなったからってすぐに買えないかもしれないが、「快適な睡眠をとりたい」と思っている人や「買おうと思っていた」という人にはピッタリなのではないだろうか? ちなみに、4月1日まで『Zero-G』シリーズが安くなるキャンペーンをやっており、現在は15%オフだという。これは買いだッ!
※ZERO-G100は4月下旬発売のため、今回のキャンペーンには含まれません

15%オフでも元が高級なんだから高いままでしょ!と思った人はちょっと待って欲しい。テンピュールがいままで安売りされているのは見たことが無いし、安いせんべい布団で一生を終えるのならば、健康の面でも日々の安らぎを求める面でも、ちょっと背伸びしてテンピュールを買うべきである。

つまり、このキャンペーンはアナタがこれからテンピュールで毎日グッスリ快眠できるか、せんべい布団で朝起きたとき体が痛くなるかどちらになるかの一生一代の運命の選択と言っても過言ではないだろう。記者は金が無いので買うことができないが、お金に余裕のある人はぜひ考えて欲しい。そしてもし現在もテンピュールを使っていて、買い替えようとしている贅沢な人は記者に旧型のを譲って欲しい。お願いします(切実)。

参照元:テンピュール 寝ごこちキャンペーン


このニュースをロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング