次期iPhoneは4Sよりもずっとデカくなって「3Dコンテンツ」対応!? 発売時期は6月か9月

ロケットニュース24 / 2012年3月22日 13時0分

次期iPhoneは4Sよりもずっとデカくなって「3Dコンテンツ」対応!? 発売時期は6月か9月

2012年3月16日に発売が開始されたアップルのタブレット端末「新しいiPad」(New iPad)。すでに手にされた方も多いと思う。まだその興奮が冷めやらぬなか、次期iPhoneに関する情報が舞い込んできたのでお伝えしたい。その情報とは、「製品の仕様」と「発売時期」に関するものだ。
 
アップル製品の情報を専門に扱う「9to5 Mac」によると、まずディスプレイは従来の3.5インチから4.6インチに大幅に拡張するかもしれない。すでに部品の調達を開始しているとさえ言われているのだ。

そのほかに、新しいiPadに採用されたデュアルコア「A5Xチップ」を搭載次世代高速通信(LTE:4Gネットワーク)にも対応すると見られている。さらに驚いたことに3Dコンテンツ(画像・ビデオ)を楽しむことが可能になるかもしれない。もう少し付け加えると、音声アシスタントの「Siri」、新しいOS「iOS6」、クラウドサービスの「iCloud」を標準装備しているとのことだ。

あまり目新しさのなかった新しいiPadと比べると、大幅な再設計が施される見込み。これらが本当に実現したならば、スマートフォンの進化はさらに加速するといっても過言ではないだろう。

気になる発売時期なのだが、現在のところ6月か9月になるのではないかと見られている。実は過去のiPhoneシリーズの発売時期は、6~7月で統一されている。2011年の4Sは、前CEOスティーブ・ジョブズ氏の体調不良により、10月にずれ込んだ。またアップルは米サンフランシスコの最大のコンベンション・エキシビションセンター「モスコーンセンター」を6月11日から4日間の日程ですでに予約している。

第2四半期(7~9月)の終わりに発売との意見もあるが、センターを予約していることを考えると、次期iPhone6月発売説の方が有力ではないだろうか。いずれにしても昨年からささやかれ続けてきた「iPhone5」発売に期待したいッ!

参照元:9to5 Mac(英語)


このニュースをロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング