世界で話題の鳥飛行動画が偽物だったことが発覚! ビデオ制作者「本当は私、映像作家なんです」

ロケットニュース24 / 2012年3月23日 23時0分

世界で話題の鳥飛行動画が偽物だったことが発覚! ビデオ制作者「本当は私、映像作家なんです」

現在YouTubeで再生回数が400万回を超え、世界中から大きな注目を集めている動画がある。

「Flying like a bird | part 14/14」というタイトルのその動画には、8カ月かけて完成させたウイングスーツを使って、鳥のように空を羽ばたく男性が映し出されており、これを見たユーザーたちからは彼の偉業を称える声が多く寄せられていた。

しかし衝撃的な事実が発覚し、事態は急展開を見せる。実はこの映像、偽物だったのである。ビデオのなかで、自分が作ったウィングスーツを装着して空を飛んでいるJarno Smeets氏は、本当は映像作家・アニメーターのFloris Kaaykという人物で、この鳥飛行の映像も動画加工で作った偽物だったのだ。

このことについてKaayk氏は、オランダのテレビ番組で次のように話している。
「私は8カ月かけてオンラインメディアの実験を行ってきました。そしてどうしたら素晴らしいストーリーを、ブログを使って作り上げることができるかを示せました」(Kaayk氏は約8カ月前に今回の鳥飛行プロジェクトのブログを開設)

長い年月をかけて、世界の人々を欺(あざむ)くことに成功したFloris Kaayk氏。みなさんは今回の彼の試みをどう評価するだろうか? 賛否両論いろいろとあると思うが、これだけ多くの人に何らかのメッセージを送った彼の行動力と意志の強さには、やはり目を見張るものがある。

(文=田代大一朗

参照元:Daily Mail(英文), YouTube/jarnosmeets80-1, jarnosmeets80-2, pandaberen1985, HUMAN BIRDWINGS


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング