サッカー関西リーグ「奈良クラブ」のユニフォームがファンシーすぎる件

ロケットニュース24 / 2012年3月23日 19時0分

サッカー関西リーグ「奈良クラブ」のユニフォームがファンシーすぎる件

「奈良クラブ」は奈良県を拠点とする関西サッカーリーグに所属するサッカーチームだ。関西リーグで強豪として数えられ、Jリーグ参入を目指す注目クラブのうちのひとつである。

その新ユニフォームが公開され話題となっている。サッカーのユニフォームらしからぬ愛らしいパステルカラーのドット模様。幼稚園のお泊り保育を彷彿とさせる可愛らしいユニフォームなのである。

2012シーズンのユニフォームを公開したのは奈良クラブのTwitter公式アカウントだ。「奈良クラブは今年もユニフォームにこだわります!」と発表されたのは、ブルーとピンクの2着のユニフォームだ。大小の水玉を不規則に散らした「霰小紋(あられこもん)」。古都らしいセレクトだが、もう幼稚園児に似合いそうなくらいキャワイイ!

Twitterには

「パジャマにほしい」
「水玉だぁ」
「乙女ちっくでカワイイ」
「斬新すぎ」
「奈良最強説浮上」
「奈良クラブに興味持った」

などというコメントが並んでいる。

奈良クラブがこだわりぬいたデザインはおおむね好評なようだ。またスポンサーには江戸時代から続く老舗の名前も見られ、胸を熱くさせる地元民も少なくない。なおユニフォームはシャツだけでなく、ストッキング(ソックス)もキュートな水玉模様があしらわれる。ホームでの試合はブルー、アウェイではピンクになるそうだ

公開されているプロフィールによると選手の平均身長は174センチ、一番背の高い選手だと182センチである。彼らがこんなに可愛らしいユニフォームでプレーするとは……ファンでなくても思わず注目である。

2011年関西1部リーグで優勝を果たした奈良クラブ。今年はどんな活躍を見せてくれるのだろうか。同クラブから目が離せないぞ。

参照元: Twitter ‏ @naraclub_info


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング