寝る子は学ぶ! 学習直後の睡眠は最高の勉強方法だという研究結果

ロケットニュース24 / 2012年3月29日 9時0分

寝る子は学ぶ! 学習直後の睡眠は最高の勉強方法だという研究結果

大切な試験を控えているみなさんに、最高の勉強方法をお教えしよう! それは勉強の後に眠ること。なぜなら学習直後の睡眠は、記憶定着に非常に役立つから。

これを発表したのはノートルダム大学の心理学者ジェシカ・ペイン氏で、彼女によると新しいことを学んだ後の睡眠は、脳に何を記憶しておきべきかを伝える行為らしいのだ。

この結論を導くにあたりペイン氏は、毎晩少なくとも6時間寝ている学生207名を対象に、次のような実験を行った。
 
1. 被験者に意味的に関連した言葉のペア、もしくは関連していない言葉のペアを午前9時もしくは午後9時にできるだけ多く覚えてもらう
2.12時間後もしくは24時間後に、30分間のテストを受けてもらう
 
すると12時間後の記憶力テストでは、意味的に関連した言葉のペアを思い出してもらう場合、それほど差は出なかった。しかし関連していない言葉のペアを思い出してもらう場合、夜に眠った被験者の方がずっと起きていた被験者よりかなりいい成績を残した。

また24時間後の記憶力テストでは、被験者はみな昼に起き夜に眠っていたのだが、学習直後に睡眠をとった被験者の方が学習後に起きていた被験者より、関連した言葉のペア・関連していない言葉のペアのどちらにおいても、はるかに高い点数をとった。つまりこれは、学習直後の睡眠は記憶定着において長期的な効果をもたらすことを示唆している。

この結果を受けて、ペイン氏は次のように話している。
「私たちの研究は、新しいことを学んだ後にすぐ睡眠をとることは、記憶定着に有効なことを示しています。これは寝る直前に、覚えたいことを復唱すれば、それを記憶できるということを意味しているのかもしれません」

居眠り大好きの人にとっては、なんとも嬉しい今回の研究結果。しかし肝心な「学習」という行為があってこそ、その後の睡眠がいきてくる。つまり授業中ではなく、授業直後の睡眠が一番効果的だということだ。ということで今回の研究結果を、授業中の居眠りの言い訳としてくれぐれも使わないように!

(文=田代大一朗

photo by flickr:whateva87
参照元:Daily Mail-1, Daily Mail-2(英文), YouTube/NDdotEDU


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング