【コラム】逆バスケットボールができる女子は120パーセントの確率でモテる

ロケットニュース24 / 2012年3月30日 0時0分

【コラム】逆バスケットボールができる女子は120パーセントの確率でモテる

【コラム】男子は女子のおっぱいが大好き。どんなにカッコつけていても、どんなに秀才でも、どんなにマスコミで常識を語っていても、男子は夜になると女子のおっぱいに吸いつくものである。吸ったり揉んだりして己の性欲を満たすのだ。

ということは、必然的にモテたい女子はおっぱいのクオリティーをあげれば良いことになる。では、どんなおっぱいをしていると男子にモテるのだろうか? 長年の経験と研究によれば、それは「逆バスケットボールができる女子」ということが判明した。では、その逆バスケットボールとは何なのか?

女子が背筋を伸ばしている状態でおっぱいの下乳をポンと下から押し上げるように叩くと、おっぱいがポヨンッと上に持ちあがる。それを連続して繰り返すと、まるでバスケットボールのドリブルをしているかのような状態になる。

バスケットボールのドリブルは地面に向かってボールを叩きつけるが、おっぱいの場合は上に向かって下乳を叩きつけることになる。叩きつけるといってもソフトに持ち上げるようにやるものなので、ほんとうの意味での「叩く」ではない。

そのときのおっぱいの感触と反動、そして弾力が非常に重要なのだ。男子は、おっぱいを下からポヨンポヨンと上に叩いたときの感触と弾力に感動するわけだ。ただし、この逆バスケットボールはBカップ以上じゃないとなかなか難しいものがある。

男子のために逆バスケットボールができるおっぱいになりたい女子は、豊胸をするのも手だ。しかしいくらおっぱいが大きかったとしても、おっぱいのハリとツヤ、そして肌の質が良くないと、男子は逆バスケットボールを楽しいものとは思わない。

日ごろの運動やトレーニング、そしておっぱいのスキンケアを怠らず、おっぱいの熟練度をあげて男子に喜ばれる「逆バスケットボール可」な女子になろう。今回の記事を読んで「彼女と逆バスケットボールをやってみたい」と思った男子にやり方をお教えしよう。

いちばんやりやすい方法は、座った状態で女子をうしろから抱っこして、両手を前にまわして、両手で同時に下乳を上に持ち上げるように逆バスケットボールしよう。そのときに「バイン! バイン! バイン! バイン!」と言いながらやるとベストだ。

執筆: Neuromancer
写真: RocketNews24.


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング