最高のオーガズムが健康に良い5つの理由 「食欲を抑える」「よく眠れる」など

ロケットニュース24 / 2012年4月12日 0時0分

最高のオーガズムが健康に良い5つの理由 「食欲を抑える」「よく眠れる」など

長く付き合っている恋人やパートナーと継続的にセックスをしていれば、当初は待ち切れなかった夜も、いつのまにか疲れや睡眠欲が優先されて、セックスが「面倒なもの」と感じてしまうこともあるだろう。しかし、セックスがもたらす意外な効能を知れば、セックスに対する意識が変わるかもしれない。

MAMIVERSEという女性ライターによる情報サイトでは、オーガズムが健康に良い理由が紹介されている。女性にとって、最高のオーガズムを得ることは心だけでなく身体にもとても良いことのようだ。こんな理由を示されればセックスに対するモチベーションがぐっと上がるのでは? ということで、以下にその5つの理由をご紹介したい。
 
1.筋肉の緊張がゆるみ、リラックスできる
オーガズムを得ると心臓の鼓動が早まり、全身の血行が良くなる。セックスの最中は筋肉は硬直した状態になるが、オーガズムに達すると筋肉の緊張はゆるみ、リラックスした状態になる。また、オーガズムは神経系の緊張をゆるめる効果がある。
 
2.睡眠の質が上がる
オーガズムに達すると、その後の睡眠の質が上がる。オーガズムは精神安定剤のような働きをするのだ。セックス中に分泌されるエンドルフィンは気分を落ち着かせる作用をもつ。「ジムでたくさん運動した後に、セックスでオーガズムが得られるとぐっすり眠れる」という声も。
 
3.食欲が抑えられる
オーガズムは食欲の抑制にも効果がある。性的に興奮している時には、ペンチルアミンという、ジャンクフードや喫煙への欲求を抑える働きをもつ物質を身体が作りだすからだ。どちらも三大欲求の一つとはいえ、食欲と性欲は相関関係にあるとも言えるようだ。
 
4.体重が落ちる
なんと、ある研究によると一度のオーガズムで60~100キロカロリーが消費されるという。ちなみにそれは、オーガズムに達するまでの行為で消費されるカロリーは含まれていない。となると、その前の段階で消費されるカロリーを加えれば、かなりのカロリーが消費されるといえるだろう。
 
5.痛みを抑える
多くの女性が抱える悩みである生理痛や頭痛はオーガズムを得ているときには消え去る。オーガズムを得ている時は、体内で分泌されるエンドルフィンの作用によって70パーセントほど、痛みの許容レベルが増すといわれる。「頭痛を理由にセックスを避けるよりも、むしろセックスで解決をする方がいいのかもしれない」とはまさに視点の転換だ。
 
以上がオーガズムが健康によい5つの理由だ。以前、セックスによるダイエット「セクササイズ」も本サイトにてご紹介したが、カロリー消費以上に様々な健康効果があるようだ。多くのカップルにとって嬉しいニュースであろうが、ただ「健康」がセックスの主目的にならないようにしたいものだ……。いや、それはそれでいいのかもしれない。

(文=佐藤 ゆき
参照元:MAMIVERSE(英文)

イメージ画像:ロケットニュース24


このニュースをロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング