『拡散性ミリオンアーサー』が激しくオモシロイ / ゲーマー「課金ナシでもしっかりと遊べる、遊ばせてくれる愛のあるゲーム」

ロケットニュース24 / 2012年4月16日 19時0分

『拡散性ミリオンアーサー』が激しくオモシロイ / ゲーマー「課金ナシでもしっかりと遊べる、遊ばせてくれる愛のあるゲーム」

『ドラゴンクエスト』や『ニーアゲシュタルト』などでおなじみのスクウェア・エニックスから、新たなゲームがリリースされ爆発的な人気を呼んでいる。そのゲームタイトルは『拡散性ミリオンアーサー』(以下、拡散性MA)。すでに10万ダウンロードを超えており、爆発的なブレイク状態となっている。

ではどんなゲームなのか? すでにGREEで『ドリランド』をプレイしたことがある人ならば、基本的なゲームの進め方がほぼ同じなので、スムーズにその世界へと入っていくことができるだろう。どうしてそんなに人気があるのか?
 
・キャラクターはカード
主人公を含むすべてのキャラクターはカードとして存在し、移動(探検)をすることによって見つけたカードを仲間にしていく。新たに見つけたカードは他のカードと合成することができ、カードを強くしたり、そこから新しいカードを生み出すことができる。
 
・移動と戦いの回数に制限がある
移動をすると体力(AP)が減っていき、数値が0になると先に進めなくなる。数分で1ポイントずつAPが回復していくので、数十分から数時間、何もしないで待っていればAPが完全に回復する。戦いにも体力(BC)が必要で、敵やライバルと戦うにはBCが満タンになっている必要があり、一度でも戦うとバトルに参加したキャラクターに応じてBCが減り、満タンになるまで戦えない。これも時間の経過とともに1ポイントずつ回復していく。
 
・APとBCがないけどすぐに戦いたいときは課金
APとBCがない場合は、移動もできないし戦うこともできない。ましてや、APは1ポイントでもあると移動可能だが、BCは満タンになっていないと戦えない。そんなときはアイテムでAPやBCを回復させることができる。アイテムはストーリーイベントで手に入れたり、ショップで購入することが可能。ショップの場合は課金で購入することになり、プレイヤーは現金(リアルマネー)を支払うことになる。
 
・基本的に『ドリランド』と同じ
基本的なゲームの進め方は、人気のケータイゲーム『ドリランド』と同じであり、実際に『ドリランド』をプレイしたことがある人ならばここまでのゲーム説明を読んで「同じじゃん」と思ったことだろう。しかし、決定的に違う部分があるとゲーマーのR氏は語る。
 
・ゲームやプレイヤーに対する愛が感じられる(R氏より)
これは私の私見でしかありませんが、『ドリランド』はユーザーをゲームで楽しませることよりも、比重が「どうやって課金させるか? どうすれば課金してくれるのか?」という方向に偏っている気がするんですね。しかし『拡散性MA』からは「しっかりとプレイヤーを楽しませてあげよう。じゅうぶん楽しんだうえで課金したい人にはしてもらおう」というプレイヤーに対する愛が感じられるんですよ。老舗ゲームメーカーのプライドも感じられます(R氏 談)
 
・バツグンのゲームバランス
実際に記者も『拡散性MA』をプレイしてみたが、「はじめてプレイする人にはルールがわかりにくい」という点と、「ストーリーイベントの文字を読むのが面倒臭くなるときがある」という点を除けば非常に素晴らしいデキのゲームであると感じた。

まず、ゲームスタート時には数多くのアイテムやゲーム内通貨、課金アイテムが無料で手に入る。これにより、強いカードを手に入れるチャンスが増え、スタート時から快適にゲームを展開させることが可能。また、APとBCの回復スピードが他社のゲームより早いため、課金アイテムを買わなくてもかなり遊べる。なによりも、他者のゲームより美麗なカードなのが嬉しい。
 
・課金よりもゲームとして楽しめるものを目指した結果
スクウェア・エニックスは、『ドリランド』でプレイヤーたちが不満に感じていた部分の多くを改善しつつ、そしてさらにゲームとしても完成度の高い「プレイヤーが心から楽しめるもの」を作った。課金よりもまずは「ゲームとして楽しめるもの」を追求したスクウェア・エニックス(そして開発者)に敬意を表したい。
 
・余談
記者(クンタキンテ)は3日ほどプレイをしてレベル13となった。課金アイテムは購入していないものの、ストレスを感じることなくプレイしている。基本的に「より多くを望む人」だけが課金アイテムを購入するゲーム内容になっており、「課金しないとろくにゲーム展開できない」や「お金を出した人の方が圧倒的に強くなる」という他社にありがちなゲームとは根本的に理念の部分から違うのがわかる(もちろん課金したほうが有利には進むのだが)。そのうち課金して進めたいというシーンになるかもしれないので、そのときは課金しようと思っている。

ゲームメーカーとして、「まずは楽しいゲームを提供する」という部分をおろそかにしていないスクウェア・エニックスは、さすがゲームメーカーといったところか。今後、どれだけプレイヤーに飽きさせない展開をしていくのか、そこにも注目したいところだ。
 
・今回ご紹介したゲームの詳細データ
名称 拡散性ミリオンアーサー
販売 スクウェア・エニックス
価格 無料 / アイテム課金あり
機種 iPhone / iPad
 
参照元: 拡散性ミリオンアーサー(リンク先は音が鳴ります)


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング