一心不乱にネコのぬいぐるみを押し続けるおじさん、実は名曲を演奏中!?

ロケットニュース24 / 2012年4月21日 16時0分

一心不乱にネコのぬいぐるみを押し続けるおじさん、実は名曲を演奏中!?

上の写真をご覧ください。目の前にずらりと並べたネコのぬいぐるみを真剣な表情で押し続けているおじさん。さて、彼は一体なにをしているのでしょう?

実はこの方、イギリスBBCでサウンドエンジニアとして勤務したのち、現在はサウンドスカルプター(音の彫刻家ともいわれる)として音楽活動をしている、ヘンリー・ダグ氏という人物。

彼はいま、鳴き声を出すネコのぬいぐるみの並べた『ネコオルガン』で、かの名曲『Over the rainbow』を演奏している真っ最中なのです。こちらの映像は動画サイト『youtube.com』で観ることができます。

通常音楽にネコの鳴き声を加える場合、それらをサンプリングしてシンセサイザーなどに取り込む場合が多いのですが、ダグ氏の場合はそういった変化球は一切ナシの完全なアナログスタイル。

ただ音階順にネコのぬいぐるみを並べ、それを鍵盤に見立てて演奏しているだけなのですが、微妙に外れた音と「ニャー」というユーモラスな鳴き声が、なんとも癖になるハーモニーを形成しているから不思議。テルミンなどを代表とした不安定な音を武器にしている楽器は多々あれど、こんな演奏スタイルはいまだかつて見たことがありません。

しかもダグ氏が演奏している場所は、チャールズ皇太子主催のチャリティーパーティー会場ということに、さらにびっくり。正式な場で、ネコのぬいぐるみを前に「ニャー」と音楽を奏でるおじさん、もといダグ氏という構図……実にエキセントリックな状況であります。『ネコオルガン』が作り出す独特の世界観を、たっぷりとご堪能ください。

寄稿:Pouch
参照元:danwood55(英文)


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング