【閲覧注意】マクドナルドの商品を材料に皮肉まじりに作った「ミイラ」が怖すぎる!

ロケットニュース24 / 2012年5月4日 21時0分

【閲覧注意】マクドナルドの商品を材料に皮肉まじりに作った「ミイラ」が怖すぎる!

アーティストの発想というのは、ときに一般人の理解を超えています。だからこそ、他に例を見ない芸術が生まれてくるのでしょうか?

アメリカの自称アーティストが、意外なものを材料にしてミイラを完成させました。その材料とは、なんとマクドナルドの商品です。これには皮肉が込められているそうなのですが、今にも動き出しそうでむちゃくちゃ怖い! 夢に出て来るような恐怖を感じます~ッ!

マクドナルド・ミイラを作り上げたのは、自称「西テキサスの何かのアーティスト」であるベン ・キャンベルさんです。彼はマクドナルドの商品、200ドル(約1万6000円)分を買い込み、これらを材料にしてミイラの像を完成させました。

ミイラは遺体を後世まで残すために、急激に乾燥させ、腐敗しないように施したものです。いわば不滅の象徴。それをどうして、マクドナルドで作ろうと思ったのでしょうか? 彼によれば、マクドナルドの商品は海外ネットユーザーの間で腐敗しないと噂されています。

したがって、商品でミイラを作れば、「腐らない象徴」になると考えたようです。どうやらミイラ像には、商品への痛烈な皮肉が込められているのではないでしょうか。彼はこう言います。
 
「古代の人は「不死」を求めて、ピラミッドとミイラを作った。現代も同じように成り上がることにとりつかれて、セレブと地位を崇拝し、「腐らない食べ物」を作っているマクドナルドを世界一の企業に押し上げたんだ。ちょうどいい」
 
なるほど、たしかに似通っていると言えなくもないです。彼の構想では、いつしか時代が過ぎて未来の考古学者が、このミイラを発見することになっています。そのときまで材料は腐ってないと考えているようなのですが……。それにしても精巧にできたミイラです。未来の考古学者が発見したときに、きっと度肝を抜かれるでしょう。見た目怖すぎる……。

参照元:ODDITY CENTRAL(英語)


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング