【おはよう短編小説】あらゆることは自分の選択によって決めたこと

ロケットニュース24 / 2012年5月10日 7時0分

【おはよう短編小説】眠い? だったら会社に行かなきゃいいじゃないか。そうもいかない? なぜそうもいかないの。仕事がある? じゃあ仕事に行けばいいじゃないか。でも眠い? じゃあ休めばいいじゃない。仕事しなきゃいけない? どうしてしなきゃいけないの。

お金をかせぐため? じゃあ仕事に行けばいいじゃないか。でも眠いって? 眠むるのとお金もらえるのとドッチが重要なの? お金もらえるほうだって? なら仕事に行けばいいじゃないか。でも眠っていたいって? さっき眠ることよりお金が大事っていったじゃないか。

お金がないと生活できないって? じゃあ仕事に行けばいいじゃないか。どうして自分ばかりツライのかって? どうして自分ばかり不幸なのかって? そもそも、会社という組織に入って給料をもらって生きていくという選択肢を選んだのは自分じゃないか。

仕事がツライのも、眠いのも、あらゆることは自分の選択によって決めたことだと思うのだが、そのあたり、環境や世の中のせいにしちゃうのはどうなの? もちろん予想できない出来事が発生することもあるが、「いま自分が立っている位置」は自分で決めたことなんだよ?

逆らえない運命なんてない。手と足と考える脳味噌があるのであれば、空間移動も思考もなんでもできる。けっきょくは、自分が作り出した制約で苦しんでいるだけなんだよ。だから眠かったらフトンから出ないで寝ればいいんだよ。部屋から出なくてもいいんじゃないかな。
 


このニュースをロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング