日本のアップルでも新しいiPadの表記を「WiFi + 4G」から「WiFi + Cellular」に変更 / ソフトバンクのページはそのまま

ロケットニュース24 / 2012年5月18日 14時30分

日本のアップルでも新しいiPadの表記を「WiFi + 4G」から「WiFi + Cellular」に変更 / ソフトバンクのページはそのまま

2012年3月に発売開始した「新しいiPad」の通信規格表示の問題で、海外では「WiFi + 4G」から「WiFi + Cellular(セルラー)」に変更されていることをお伝えした。実は日本のアップルストアでも変更していたことが判明。しかしソフトバンクのページでは……。

以前の記事でもお伝えした通り、新しいiPadは次世代高速通信4G(LTE)に対応している。しかし、4Gネットワークが利用できるのは、アメリカとカナダに限られており、オーストラリアにいたっては既存のネットワークでの利用ができないために、苦情が相次ぎ返品を求める事態にまで発展している。これを受けて、12の国と地域で「4G」から「Cellular」に表記を改めた。

日本のアップルストアもこれに足並みを合わせた格好だ。しかしながら、ソフトバンクでは「4Gモデル」(SoftBank 3Gエリアでご利用いただけます)と表記したままである(2012年5月18日13時現在)。これも過去に紹介したことだが、日本国内では現在のところ4Gネットワークで新しいiPadを利用することはできない。
 
アップル 「WiFi + 4Gモデル」 → 「WiFi + Cellular」に変更
ソフトバンク 「WiFi + 4Gモデル」 → 「WiFi + 4Gモデル」のまま
 
表記変更して新たな混乱をうむことになりはしないだろうか? またアップルとソフトバンクで表記が異なることで、迷う人が出ることも想定される。今後の対応が気になるところだ……。

参照元:アップル,ソフトバンク


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング