「カフェで仕事」は理にかなっていた! 静かすぎずうるさすぎない環境がクリエイティブな発想を生むことが判明

ロケットニュース24 / 2012年5月21日 13時0分

「カフェで仕事」は理にかなっていた! 静かすぎずうるさすぎない環境がクリエイティブな発想を生むことが判明

静かな場所よりも、カフェのようなちょっと周りがガヤガヤしている場所で仕事をするほうがはかどったという経験、みなさんにもあるのではないだろうか。なぜかはわからないがなんとなく感じていたこの感覚はどうやら正しかったようだ。というのも、「静かすぎずうるさすぎない環境で仕事をしたほうが、よりクリエイティブな発想ができる」ことが最新の研究により明らかになったのだ。

米イリノイ大学のラヴィ・メータ教授は、周囲に流れる音の大きさの違いが、人間の脳の働きにどのような影響を与えるのか調査した。その結果、図書館のようなとても静かな場所では脳がほとんど刺激を受けていないことが判明。逆に、周囲の音が大きすぎると脳が刺激を受けすぎて気が散ってしまうことがわかった。

教授によると、このどちらの状況も仕事をする環境としては適切ではないという。「静かでもなくうるさくもない中間の音量が理想的です。仕事をする空間の音量を適度に保つことで、人はよりクリエイティブになることができ、問題解決能力も向上することが明らかになりました」とのこと。

では、仕事をする際の適切な音量とは一体どのようなものなのか。教授によると、70デシベルが最適な音の大きさだという。これは例えば、通常の乗用車1台が通過する音と同じくらいの大きさとのこと。これよりも大きな音になると、人の創造力は損なわれてしまうそうだ。

今回の結果をもとに、「仕事で煮詰まったときこそ交通量があまり多くない道を散歩したり、BGMが流れ周囲の話し声が聞こえてくるようなカフェに行ったりすると良いでしょう。脳が活性化されてよりクリエイティブに考えることができるようになるはずです」と教授は語っている。

最近は、カフェでパソコンを開いて仕事をしている人を多く見かける。今回の結果によれば、彼らは最適な環境で仕事をしているというわけだ。自分に適した仕事環境をまだ見つけてないという方は試してみるといいかもしれない。ただし、お店や周囲の客への配慮をお忘れなく。

参照元:Mail Online(英文)
photo: flickr dlisbona


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング