【E3現地取材】有名ゲーム会社3社「ソニー・マイクロソフト・任天堂」のブースで一番人気だった新作ゲームはどれ?

ロケットニュース24 / 2012年6月6日 20時0分

【E3現地取材】有名ゲーム会社3社「ソニー・マイクロソフト・任天堂」のブースで一番人気だった新作ゲームはどれ?

現地時間6月5日、アメリカ・ロサンゼルスで世界最大のゲーム見本市『E3 2012』が開幕された。ゲーム展示場がオープンする30分前から、数え切れないほど多くの人が列を作って開場を待っており、ゲーム関係者たちが抱いている新作ゲームへの期待の大きさが形として現れる結果となった。

記者(私)も実際に中に入ってみたのだが、どの企業のブースもゲーム関係者たちでいっぱいになっており、大いに盛り上がっていた。しかし全てのゲームが、一様に同じくらい人気だったというわけではない。

15分ほど並べばすぐプレイできたものがあった一方で、一時間以上待ってもまだプレイできないものもあった。ということで、有名ゲーム会社3社「ソニー・マイクロソフト・任天堂」において、どの新作ゲームが一番人気だったのかを、記者が実際に見た列の長さから勝手に予想したいと思う。

「時間帯によって、ブースに来るゲーム関係者の層が違うかもしれない」という懸念もあったため、何度も3社のブースを行き来して、なんとか導き出した予想である。それでは、ゲーム関係者たちの関心を集めたゲームは一体何だったのか、一社ずつ見ていこう!
 
【ソニー】
1番人気だったと思われるゲーム:PlayStation All-Stars Battle Royale(格闘アクションゲーム)

ソニーのブースにおいて、このゲームのためのスペースが一番大きかった。つまりソニーは今回、このゲームのプロモーションに力を入れている可能性が高い。その甲斐あってか、ソニーの新作ゲームのなかで一番長い列が出来ていた。
 
【マイクロソフト】
1番人気だったと思われるゲーム:Halo 4(一人称視点のシューティングゲーム)

これは遠くからも見てすぐ分かるぐらい、マイクロソフトのブースのなかで一番人気のゲームだった。だが、会場では実際にプレイできるわけではなく、大迫力の『Halo 4』映像を見られるというだけだ。それなのに、かなり長い列が出来ており、人気の高さを思い知らされた。
 
【任天堂】
1番人気だったと思われるゲーム:ニンテンドーランド、ピクミン3、バットマン アーカムシティ、アサシンクリード3、ZombiU、New スーパーマリオブラザーズ U
 
これらのゲームにはどれも本当に多くの人が並んでおり、正直どれが一番人気なのか分からなかった。きっとそれだけ新型ゲーム機「Wii U」には、魅力的なソフトが多いということなのだろう。

また長蛇の列がいくつもできていたせいか、任天堂のブースが全てのブースのなかで一番盛り上がっているように記者は感じた。
 
――いかがだっただろうか? みなさんが期待している新作ゲームはあっただろうか? 一応言っておくが、これはあくまで会場の列の長さから判断したものであり、来場者によっては違うように感じていたのかもしれない。

しかしどのゲームも魅力的だったことには違いないので、これからも動向を見守りながら、その発売を楽しみにしていて頂きたい。

(文、写真、動画=田代大一朗


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング