きっちり140文字! Twitter向けのアスキーアートがなかなか秀逸

ロケットニュース24 / 2012年6月21日 8時0分

きっちり140文字! Twitter向けのアスキーアートがなかなか秀逸

皆さんは「アスキーアート」という言葉をご存知だろうか? これはテキストを使って描かれた絵のことであり、「文字絵」や「テキストアート」とも呼ばれている。海外のイラストレーターがこれを使って、さまざまなキャラクターを描き話題を呼んでいる。しかもTwitterの文字制限、140文字にきっちり収まるようにデザインしているのだ。これはなかなか秀逸。できることならマネしたいッ!
 
作品を公開しているのは、イラストレーターのグレゴリー・ウォズワースさんだ。彼はかねてからアスキーアートばかりを、Twitterに投稿していたのだが、最近になってアメリカのカートゥーンアニメのキャラを描くようになった。

ディズニーのミッキーやプルート、ベティちゃんやフェリックス・ザ・キャットなどなど、どれも見事と言って良い出来栄え。これらがすべて140文字に収まっているのが信じられないくらいだ。本当に140文字なの? と疑われる方は、彼の投稿をコピーして自分のツイート入力画面に貼り付けてみて頂きたい。ちょうど140文字であることがわかるはずである。

それにしてもうまく描かれている。どうやって描いているのか、グレゴリーさんにその秘密を教えて頂きたいものである。ちなみに彼のアイコンがやたらと動き回るので、気になって仕方がないのだが……。

参照元:Twitter @aGGregArt


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング