『バーチャファイター2』あるある50

ロケットニュース24 / 2012年6月22日 6時10分

『バーチャファイター2』あるある50

星の数ほど存在する3D対戦型格闘ゲームのなかでも、特に多くのユーザーが遊んだことがあるゲームのひとつといえば『バーチャファイター2』ではないだろうか。通称バーチャ2。ゲームセンターに登場したのは1994年……今から18年も前のことである。

とにかく圧倒的な人気であり、全国各地のゲームセンターはバーチャ2の対戦一色。どのゲーセンに行っても必ずバーチャ2が設置されており、激しいバトルが繰り広げられていた。バーチャ2の事実上のブームは、続編バーチャ3が登場する1996年までの約2年間。長いようで意外と短い期間であったが、あの当時の熱狂っぷりは本気にして本物だった。

ということで今回は、そんな当時にバーチャ2をプレイしていた人におくる「バーチャファイター2でよくあったこと50選」である。当時を思い出しながら、該当数がいくつあったのか、昔のバーチャ友達と語り合っていただきたい。

【『バーチャファイター2』あるある50 】

その01:やたら浮かせてくるラウがいる。
その02:コンパネの上に100円玉を山積みして「連コインするぞ体勢」の会社員がいる。
その03:地名+キャラクター名で名乗る。
その04:バーチャ好きな友達とかとバーチャ2のチームみたいなのを作っちゃったりしてる。
その05:授業中や仕事の合間にエアボタンでコマンド練習。
その06:ガード(G)ボタンが壊れてる筐体とかがたまにある。
その07:スタート直後に後ろダッシュして自らリングアウトする自殺者がいる。
その08:バーチャ2のためにセガサターンを購入。
その09:セガサターン用の周辺機器『バーチャスティック』では満足できず、業務用筐体「ニューアストロシティー」と同じコンパネを使用している『バーチャスティックプロ』を購入。
その10:『バーチャスティックプロ』では満足できず、業務用筐体「ニューアストロシティー」をバーチャ2の基板付きで購入。
その11:「ニューアストロシティー」が家のドアを通らずに茫然とする。
その12:ドキドキしながら新宿のゲーセン「スポット21(GAME SPOT21)」に行ってみる。
その13:KO後にリプレイを強制スローモーションしてきてマジ喧嘩になる。
その14:鉄人と対戦できるイベント「百人組み手」とかに参加しちゃう。
その15:ブンブン丸がブチギレている。
その16:ブンブン丸にブンブンされる。
その17:女性プレイヤーは、だいたいサラかパイ。
その18:ラウ使いに浮かされたままのリングアウトはせつない。
その19:ダウンするとすぐにケツから降ってくるジェフリー。
その20:仲良しのゲーム友だちと対戦して、お互い体力のギリギリまで練習して、最後のラウンドでガチ勝負。
その21:リングサイドでじっと待つ弧延落狙いのカゲ(影丸)がいる。
その22:新宿ジャッキーがジャッキーのジャケット着てゲーセンにいるのを目撃する。
その23:マジギレしてイスぶん投げるヤツとかいる。
その24:アキラ(結城晶)の崩撃雲身双虎掌(ほうげきうんしんそうこしょう)をバッチリ決められると戦意喪失。
その25:とりあえず、全キャラの全技が全部写真付きで載ってる攻略本は買う。
その26:ありえない距離から吸い込んでくるジェフリー。
その27:足癖の悪いリオンがいる。
その28:ブンブン丸がどんどん垢抜けていく。
その29:対戦乱入時、キャラ選択画面で時間みっちり使い、「誰を使うんだ、誰だ、誰なんだ?」とじらしてくるヤツがいる。
その30:イラストレーター寺田克也の名前を知る。
その31:KOしてからサッカーボールキックする性格の悪いジャッキーがいる。
その32:肘打ち技「裡門頂肘(りもんちょうちゅう)」でフンフンと押しまくってくるアキラがいる。
その33:千葉県柏市柏には柏ジェフリーという名人がいた。
その34:シュン(舜帝)で連勝してる人を見ると尊敬。
その35:「台湾ステップ」という外来技もあったりした。
その36:ホームである地元のゲーセンに行くと、昼間だっつーのにいつも同じヤツらがいる。
その37:酒に酔っ払いまくって顔が真っ赤になってるシュンはスゴイ。
その38:池袋には池袋サラという名人がいた。
その39:ウルフの低空ドロップキックにひっかかる。
その40:ゲーム雑誌の『ファミ通』軍団と、『Game遊II』軍団の対抗戦がマジギレしすぎててアツすぎた。
その41:ジャッキーやサラやカゲ相手にうかつに飛ぶとサマーソルトキックみたいなので撃墜される。
その42:渋谷のゲーセンもアツかった。
その43:関西には大門ラウという名人がいた。
その44:コインを入れた時のサウンドは今でも覚えている。
その45:「キャサ夫」と名乗るスゴイ強い名人がいた。
その46:地元のゲーセンのプチ大会も激アツ。
その47:デッカイ液晶画面が特徴の筐体「メガロ50」の画面にタイトル画面が焼き付いちゃってる。
その48:いくら使ったのか分からないくらいに100円玉を投入しまくった。
その49:電柱に鉄山靠(てつざんこう)する。
その50:いい時代だった。

参考リンク:Youtube gallop1108
執筆:GO羽鳥

この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング