マクドナルドの無人注文マシーンが好評 / タッチパネルで注文と支払いをして「店員と会話せずにハンバーガーを受け取ることが可能」

ロケットニュース24 / 2012年6月25日 11時0分

マクドナルドの無人注文マシーンが好評 / タッチパネルで注文と支払いをして「店員と会話せずにハンバーガーを受け取ることが可能」

マクドナルドにセルフサービスの注文&支払いマシーンが登場し、多くのお客さんから好評を得ているようだ。この無人注文マシーン『イージーオーダー』を使えば、お客さんが自分で注文と支払いを済ませることが可能。

それにより混雑を解消できるだけでなく、客としても待ち時間の短縮になって非常に便利である。今回は、実際にマクドナルドの『イージーオーダー』を体験してみた。

この『イージーオーダー』を導入しているのは、オランダやフランスなどの欧州数カ国のマクドナルド。フランスや一部の国ではケンタッキーフライドチキンでも導入されている。マクドナルド店内に入ると、『イージーオーダー』のマシーンが2~4台ほどレジの近くに用意されている。そこにはタッチパネル画面が設置されており、客は注文したい料理を選択していく。

客は料理の種類、大きさ、数、セットにするかどうかなどを選択して合計金額を出す。そしてクレジットカードを挿入して支払いを済ませると「待ち番号」が書かれたレシートがプリントされるので、それを持ってレジ前のモニターに番号が表示されるのを待つ。

モニターに番号が表示されれば、あとはカウンターに料理を取りに行くだけである。通常のレジカウンターで注文された料理と『イージーオーダー』経由で注文された料理は「順番が別」らしく、通常注文より『イージーオーダー』のほうが早く料理を受け取ることができた。

日本にも導入して欲しいこのシステムだが、クレジットカード文化が欧米よりも浸透していないため、なかなか難しいものがあるかもしれない。ちなみに、『イージーオーダー』を利用している客はけっこう多くいた。店員の前で注文するより、じっくりと考えて欲しいものだけを注文できるからだろうか?

Correspondent: Kuzo


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング