【徹底調査】市販の『エビアン』と原水の『エビアン』はどっちが美味しいのか飲み比べをしてみた

ロケットニュース24 / 2012年7月2日 12時0分

【徹底調査】市販の『エビアン』と原水の『エビアン』はどっちが美味しいのか飲み比べをしてみた

ミネラルウォーターの王様といえば『エビアン』だ。あまり知られていないが、その名称は原水がわき出ているフランスの町・エビアンからつけられたもの。エビアンの町に行けば『エビアン』の原水を無料で飲むことができる。

ただでさえ美味しい『エビアン』なのだから、原水のほうがもっと美味しいのではないだろうか? ということで、実際にエビアンの町に行って「市販の『エビアン』と原水の『エビアン』はどっちが美味しいの?」という疑問を調べてみたぞ! その結果は……!?
 
・市販品の『エビアン』
冷えた『エビアン』ほど美味しい硬水ミネラルウォーターはないと思っている(ちなみに軟水は『ICE AGE』がいちばん美味しいと思っている)。ほどよく硬水なので「ミネラルの美味しさ」を残しつつ一気に飲めるし、後味が良いからだ。フランスのスーパーマーケットで買った『エビアン』を飲んだが、日本と同様の味で美味しかった。
 
・原水の『エビアン』
大地という名のフリーザーでキンキンに冷やされた原水を一気に飲む。「凍る一歩手前なのでは?」と思えるほど冷えているため、冷たいビールやコーラを飲んだときのような「カァーーーッ!」という爽快感を得ることができる。冷たいのに「まったりとしたウマミ」があるのはミネラルが豊富だからだろうか? いっさい空気に触れない状態で大地を旅した『エビアン』の原水。わき出たばかりの水は空気が干渉していないわけで、完全にピュアな状態だというのも美味しさの理由かもしれない。
 
・結論
目隠しをされて「どっちが市販でどっちが原水か当てろ」と言われたら、たとえ同じ温度の『エビアン』だったとしてもすぐに当てることができるだろう。「気のせいだろ」とか「雰囲気のせいだろ」と思うかもしれないが、あなたも原水を飲めばその違いがわかるはず。ミネラル成分なのか? それとも鮮度なのか? そのあたりを明確に説明することができないのだが、原水のほうが確実に「飲みやすくて水としてのウマミも深い」と感じた。
 
・一度は飲む価値がある『エビアン』の原水
この結果は、もともと美味しい市販品の『エビアン』が「原水になればもっと美味しい」ということを意味し、けっして市販品がマズイということはない。『エビアン』はもちろんのこと、ミネラルウォーターが好きな人は一度エビアンの町を訪れるといいだろう。
 
Correspondent: Kuzo


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング